綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,860 記事

毛穴の開きでテカリが酷い・・・毛穴を引き締めるにはどうしたらいいの?

2015年4月9日更新 | 4,118 views | お気に入り 560

鏡をみると毛穴の開きが気になる・・・特に、若い女性に多い肌の悩みです。10代~20代に多い毛穴の悩みですが、最近では30代以上でも毛穴の悩みを持つ女性が増えて来ています。
いったいどうしたらいいのか?ということになりますが、今回は洗顔の方法から毛穴の悩みについてアプローチして行きます。

洗顔方法と毛穴の開きには関係がある?

洗顔料とひとくちに言っても、そのタイプもかなりの数あります。オイルタイプ、ミルクタイプ、スクラブ入り、泡タイプ、フォームタイプ・・・などありますよね。果たして、毛穴の開きに効果があるのはどのタイプの洗顔料なのでしょうか。

毛穴の開きに相性の良い洗顔料とは?

 毛穴の開きには、実は肌に負担にならないような洗顔方法がお勧めです。遺伝的に毛穴が広がりやすいというような肌質の人もいるとは思いますが、洗顔料に気を付けることで今よりもよい状態をキープすることは可能です。

泡立ちのよいタイプがお勧め

王道も王道なのですが、泡立ちのよいタイプの洗顔料は肌に負担を掛けずに汚れを落とし毛穴をスッキリさせることが可能です。
顔と手の間に泡というクッションがあることで直接顔に触れることがありませんし、細かい泡が毛穴の隅々まで行き渡るので、優しいのにスッキリキレイな肌を保つことができます。毛穴の引き締めにも効果があります。

 

自然派洗顔料がお勧め

 泡立ちがよい洗顔料であることはもちろんのことですが、自然派であることもできれば追求したい点のひとつです。
自然派洗顔料に多いのは、石鹸タイプという点でしょう。アルコールフリーだったり、界面活性剤を使用していない点はもちろんのことですが、最近多いのは植物性の成分を配合していたり、泥タイプの洗顔料は泡立ちも良い上に自然派タイプということで敏感肌の人に人気があります。

負担の掛かる洗顔料は肌トラブルの元!

スクラブ入り洗顔料

一見汚れを根こそぎ取って、毛穴スッキリで悩みを解決してくれそうなスクラブ入り洗顔料ですが、実は肌にはかなりの負担が掛かります。

オイルタイプの洗顔料

賛否両論あるオイルタイプの洗顔料ですが、肌には負担になります。もし、しっかりメイクを落としたいのであれば、部分的に使うくらいにしておいた方がいいでしょう。実は、筆者は敏感肌で毛穴もそこそこ開いているときに、オイルタイプの洗顔料で肌トラブルを引き起こしたことがあります。それぞれに合う合わないがあるのでしょうが、敏感肌の人にはお勧めできません。

毛穴パック

毛穴パックのファンという人は結構多いのですが(確かに楽しいです)。しかし、毛穴には逆効果です。そのときは、しっかり汚れが取れて毛穴を引き締めればいいと思いがちですが、実は毛穴にはかなり負担をかけます。

ピーリング

一見効果がありそうなピーリングですが、肌トラブルがある場合にはお勧めできません。自宅でできるピーリング剤も多く発売されていますが、やはりちょうどよい使い方は難しいもの。美容皮膚科でも慎重に行う施術ですから、毛穴の開きにピーリングは止めておいた方がよさそうです。

 日本人女性に多い毛穴の開きのタイプとは?

日本人女性に多い毛穴の開き、脂性であるように思われがちですが、基本の肌質は潤いが少なく、乾燥したが故の毛穴の開きであることが多いと言われています。清潔志向や美容に対する意識が高い日本人女性ですから、洗顔にもちからが入ったり、肌に効果があると聞けば色々なものを試してしまうという人も多いようです。
洗顔に気を付け、保湿を充分なくらいにしっかりと行うことを続けていれば毛穴の開きやそれに伴った脂性を改善することは可能です。

 

さいごに

筆者はあらゆる肌トラブルを経験しています。毛穴の開きに効果があると聞き、オイルピーリングで顔全体に吹き出物が出た経験もあります。完治するまでに1年も掛かりました。今となれば、どこの情報でオイルピーリングが効果があるのかも忘れてしまいましたが、今はネットで情報を得られるので、筆者のようなトラブルにならないように気を付けて下さいね。
実体験ですと、やはり泡立ちがすごい石鹸タイプの洗顔料は肌に優しいのにスッキリしたのでお気に入りです。

著者情報

自分に素直に生きることをモットーにしています。

本記事は、2015年4月9日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。