綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,863 記事

オイルのひと手間で綺麗な爪が長持ち!

2014年8月27日更新 | 6,022 views | お気に入り 744

KE115_72A

ネイルオイルで綺麗を保つ

綺麗に仕上がったネイルは長持ちさせたいもの。ネイルを長持ちさせるにはネイルオイルを使いましょう。ネイルオイルの種類と正しい使い方を紹介します。

オイルのひと手間をプラス

綺麗にネイルをすると、気分も良くなるものです。気持ちがワクワクしますよね。最近では自宅で出来るネイルキットも充実してきているので、自分で素敵なネイルをできるようになりました。綺麗にネイルが仕上がるととっても嬉しいものです。そして綺麗にできたネイルは長持ちさせたいものです。
しかし、時間が経つとどうしても剥げてきたり、割れてしまったりしちゃいます。ネイルを綺麗な状態で長持ちさせるアイテムが「ネイルオイル」です。ネイルを塗った後にオイルを使うことで、綺麗な状態を長持ちさせることができます。

指先は体の中でも特に乾燥しやすいパーツです

KE062_72A

こまめに手を洗ったり、紙を触ったりすることで指先の水分や油分が逃げてしまいます。そのためカサカサの指先になってしまうんですね。指先が乾燥するということは、同じく指先にある爪もまた乾燥するという事になります。
爪が乾燥するとネイルも剥がれやすくなってしまいます。ネイルが長持ちしないという人は、指先が乾燥していることが原因となっている場合が多いです。
また指先が乾燥していると、どんなに綺麗なネイルをしても美しく見えませんよね。そこで登場するのがネイルオイルです。
ネイルオイルは油分を指先に与え、しっかりと保湿してくれます。綺麗なネイルを長持ちさせるためには、欠かせないアイテムなのです。

いろんな種類のネイルオイル

ネイルオイルの正しい使い方

ネイルオイルもただ塗ればOKというものではありません。正しく使うと効果がアップしますよ。

①「ローションで保湿する」
乾燥した爪にネイルオイルを塗っても、しっかりと浸透しません。浸透させるためにローションや化粧水で爪や皮膚を柔らかくしておきましょう。

②「甘皮を処理しておく」
甘皮が残っていると、見た目が美しくない上に、爪の端にネイルオイルが浸透しません。ネイルが崩れやすいのは爪の端です。この部分にオイルがしっかりと浸透するように甘皮を処理しておきましょう。

③爪先・爪の両サイド・甘皮部分を重点的に
マニキュアを塗るのと違い、爪の端にたっぷりとオイルを塗りましょう。塗った後は、指先をクルクルとマッサージをしながら、オイルを馴染ませます。マッサージすることで血行も良くなり、乾燥の予防にもなります。

毎日続けて綺麗な指先を

053d431b25371eee2e6027f6c231959e_s

ネイルオイルはネイルを塗った時だけでなく、できることなら毎日塗るようにすることをおススメします。毎日塗ることで、指先の乾燥を防げて綺麗な状態を保てます。
ネイルを塗った後だけでなく、毎日就寝前にネイルオイルを塗る習慣をつけておくと良いですね。
スキンケアをするのと同じような感覚で、指先の美しさも守ってあげましょう。
綺麗な指先はネイルをもっともっと楽しいものにしてくれますよ。

著者情報

綺麗のトリセツ編集部です。皆様のお役に立てるよう美容や健康に関するハウツーやトピックスを投稿してまいります!

本記事は、2014年8月27日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。