綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,857 記事

脂肪が落ちやすい順番はある?身体の脂肪の落ちやすい部分ランキング

2015年5月8日更新 | 11,861 views | お気に入り 565

imasia_10428738_S

スリム体型は女性の憧れです。メリハリのあるスリムボディを目指して日々ダイエットにはげむ女性はたくさんいます。ですが、思った通りの体型になかなかたどり着かないのも事実。食事制限したら胸だけが落ちてしまった・・・なんていう経験、ありませんか?

実は、脂肪は「落ちやすい場所」「落ちづらい場所」があり、痩せた時に脂肪が落ちていく順番があるんです。この順番を知っておけば、ダイエットの仕方もわかるはず!昼ごはんはサラダだけ、なんていうダイエット法は、間違ったダイエット法です。

ここでは脂肪が落ちていく順番と、女性が気になるお腹周りのダイエット法をご紹介していきましょう。

脂肪が落ちていく順番を知っておこう!

脂肪には種類があり、それぞれ落ち方や順番は違っています。

全身の「脂肪」で考えると、

内臓脂肪 → 皮下脂肪

この順番で落ちやすくなります。

皮下脂肪だけに焦点を絞って見ていくと、

ふくらはぎ・足首 → 首・二の腕 → 太もも → 胸 → お腹 → 腰回り → おしり

この順番で脂肪が落ちていきます。

やはり女性が気になるお腹周りは最後のほうです。年をとると腰回りのお肉も落ちにくくなりますし、逆に太る時はお尻やお腹、腰回りから肉が付きます。

急激なダイエットをすると上半身だけがやつれたような印象になりますよね?胸や首回りは筋肉が少ないせいか脂肪が落ちやすく、目につきやすいので脂肪が落ちたことがわかりやすいようです。

やっぱりお腹周りをスリムにするのは難しい・・・でも、悲観的になる必要はありません。ダイエットを正しく進めていけば、お腹スッキリメリハリボディになれる確率がぐっと上がります。

お腹周りはどうやって落とす?

女性が気になりがちなお腹周りのお肉は、筋肉をつけて落とすのが最大のポイントです。運動なんてめんどくさい・・・と思っていたらメリハリボディは手に入りません。食事を減らすだけのダイエットは前述したように上半身の肉が落ちて胸や首回りが細くなり、やつれた印象になりやすいです。

そのためにはやはり脂肪を燃やす装置である筋肉が必要ですし、リバウンドしづらい体を作るため・体力を維持するためにも筋トレが役立ちます。筋肉は年をとってもトレーニングすればきちんとついてくるもの。あきらめずに簡単な筋トレから始めていきましょう。

女性が気にしがちなお腹・腰回りの筋トレで最も簡単なのはスクワットです。足を広げて立ち、スクワットを数十回繰り返す。それを朝晩続けていくだけで筋肉は鍛えられていきます。ジムに行く時間のない、子育て中のお母さんにもおすすめの方法です。

女性に浸透しているヨガもおすすめの筋トレの一つ。ヨガは呼吸を深くし、自律神経を落ちつける作用やホルモンバランスを整える作用もあるトレーニング方法です。下半身が気になる方は下半身に特化したヨガを毎日繰り返してみましょう。体力もついて、夜もよく眠れて、体型もスリムに。そんな一石二鳥なトレーニングができます!

隠れ肥満は解消しやすい!

一見やせて見えるけど、体脂肪は30%越え・・・そんな状態を「隠れ肥満」と呼びます。隠れ肥満は皮下脂肪ではなく、内臓周りに内臓脂肪がついている状態です。体型には直接関係ないものの、内臓に影響があるので病気にかかりやすいと言われています。

いくら体型がスリムでも、病気になりやすくなったら意味がありませんよね?皮下脂肪だけでなく、内臓脂肪にも目を向けて、「健康的なスリム体型」を目指しましょう。

内臓脂肪は、皮下脂肪より落ちやすいという特徴があります。運動すると比較的簡単に落ちてくれますから、有酸素運動を取り入れて内臓脂肪を落としていきましょう。ウォーキングだけでは筋肉はつきませんが、腰を落として大股で早く歩くとジョギング並みに負荷がかかります。お腹・腰のお肉が気になる方は特におすすめです。

1日20分のウォーキングと15分の筋トレ。これを毎日繰り返し、少しずつ負荷をかけていくとスリム体型が見えてきます。時間のない人は1日5分でも構いません。毎日やる時間がない!という人は、ウォーキングだけでも続けてみましょう。

著者情報

アンチエイジング・美容・健康に関する情報を集めるのが得意。『とりあえず自分でやってみる!』がモットー。実践に基づくキレイ情報をお届けします。

本記事は、2015年5月8日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。