綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,863 記事

あっ!寝違えちゃった・・・寝違えた時の対処法

2014年8月28日更新 | 8,037 views | お気に入り 649

朝起きたら首が痛くて思うように動かない・・・そんな経験ありませんか?

痛みで起き上がれない、自由に首が動かせない・・・仕事にも支障がでるため早く治したいですよね。そんな寝違えの原因はいくつか考えられます。

  • 1)高すぎるまくらにより首や脇の下の神経が圧迫されて痛みが生じる
  • 2)内蔵、肝臓が弱っていることが原因で首に負担がかかる寝姿勢をしている
  • 3)精神的ストレスにより睡眠時も体が緊張状態にある
  • 4)重い荷物を持つことで、首に負担がかかる。

 

寝違えを起こした時はむやみに強く首をもんだり、動かしたりすると悪化することがあります。また、温めるとかえって痛みが強くなることがあります。まずは触らず安静にすることが大切です。

 

おススメ対処法!

簡単にできる方法としておすすめなのは、首につながる肩の筋肉をゆっくりと動かすことです。

首の負荷が和らぎ痛みが緩和されます。肩の上に手を添えて、ぐるぐると肩の関節を回します。前まわし、後ろ回しに回しましょう。
むやみに触らずに負担をかけないようにゆっくりと日常生活を送ることで2~3日で炎症も治まってくるでしょう。

 

寝違えはまくらが原因?

また、寝違えをよく起こす方は高すぎる枕が原因のことも。自分にあったまくらを選びましょう。

まくらの役割 は、首のカーブを無理なく支えて敷布団と頭と首の間にできる隙間をうめることです。首は複雑な動きをするうえに、気道・血流・神経が集中しているので選ぶまくらによって眠りを大きく左右します。
高すぎるまくらを使うことによって首や全身に負担がかかり寝違えを起こすことがあります。また、マットレスがへたっていると体が沈み込むのでまくらが高くなります。
まくらの寿命は3年といわれています。交換時期も気をつけましょう。

ぴったり合っているまくらは、立っているときの姿勢に近く、首すじもスッと伸び、呼吸が楽にできます。 まくらをしていることを忘れるくらい体と一体感があり、全身がリラックスします。

体に力が入らずに体の力が抜けています。 

まくらは、ピローフィッターがいるお店で選ぶと専門的なアドバイスを受けられます。

 

リラックスタイム

また、多忙な日々が続いて、寝ている間も体が緊張状態にあると、歯の食いしばりや歯ぎしり金縛りなど体や首に負担をかけてしまいます。
首の負担により寝違えの原因を作っていることが考えられます。

忙しい時期こそ、寝る前の1時間前のリラックスタイムを大切にしましょう。湯船で体をしっかり温めて、リラックスできる音楽を聴きながら体の力を抜きましょう。

 

リラックスの仕方が分からない・・・

という方には手、足、顔など全身にぎゅっと5秒ほど力を入れてストンと10秒ほど力を抜いて脱力しましょう。
これを2~3回繰り返します。これは筋弛緩法と呼ばれ筋肉にギューっと力を入れ、脱力することによって緊張していた筋肉をリラックスさせます。

 

内臓と首の関係

内蔵、肝臓が弱っていると無意識のうちに首に負担がかかる姿勢をしていることがあります。

遅い時間の脂っこい食事やお酒により内臓の機能が低下します。寝ている間は消化もおやすみしています。食事はおやすみの3時間前には済ませましょう。遅くなるときは、うどんなどの消化のよいものを少なめの量でいただきましょう。

 

日常生活で起こる首と肩の負担

PC作業や、日常的に重い荷物を持ったりと首や肩に負担をかけていませんか?

頭の重さは平均で5kg前後と言われています。自宅で首枕を使ってみると首の負担が軽減されますよ。

 

注意

首の痛みは通常は2から3日で痛みが軽減しますが、痛みがなかなか直らない、ひどくなったということがあれば整形外科の受診をしましょう。

月に数回慢性的な寝違えを起こす方は、仕事中の姿勢、食生活、寝具の見直しなど生活習慣の見直しをしましょう。

著者情報
本記事は、2014年8月28日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。