綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,856 記事

話題の『5:2ダイエット』とは?気になる効果と方法について

2015年6月25日更新 | 3,129 views | お気に入り 515

話題の5:2ダイエットが気になる

今までもいろいろなダイエット法が流行ってきましたが、今注目したいダイエット法が「5:2ダイエット」です。あるテレビ番組のダイエット企画として、女芸人のやしろ優さんがチャレンジして、見事成功したダイエット法です。
やしろ優さんは、1か月で8.2㎏も痩せることが出来ました。素晴らしいです♪

ミランダ・カーや、ジェニファー・ロペスも実践している5:2ダイエット。
はたしてどんなダイエット法なのでしょうか?

5:2ダイエットの効果

5:2ダイエットには「脂肪の吸収率を下げる効果」があります。
腸の中に長時間食べたものが残っていると、腸壁からどんどん脂肪を吸収してしまいます。
そこで、プチ断食によって食べる量を減らすと腸内の流れがスムーズになり、脂肪の吸収率が下がるのです。

5:2ダイエットは、痩せるだけでなくアンチエイジングや生活習慣病の予防、ガンやアルツハイマーなどのリスク軽減の効果もあるとされています。
美容と健康に効果のあるダイエット法です。

5:2ダイエットの方法

5:2ダイエットとは、「1週間のうち5日間は普通の食事をし、残りの2日間はプチ断食をする」というダイエット法です。
1週間のうち2日間だけ、ちょっと我慢のプチ断食をすれば良いのです。その際の注意点がこちらです。

2日続けてプチ断食はしないこと

プチ断食の2日間は続けて行ってはいけません。1日行ったら、2~3日は空けてもう1日プチ断食を行いましょう。

プチ断食の日のカロリー摂取の目安は500㎉

あくまでもプチ断食なので、絶食する必要はありません。健康を維持するためにもある程度のカロリー摂取は必要です。
普段の1/4のカロリー摂取が目安なので、女性の場合500㎉は摂るようにしましょう。

軽い運動を取り入れる

プチ断食の日に、軽い運動を取り入れるとさらに効果的です。
お腹が空っぽの状態で運動をすると、体についた脂肪をエネルギーとして使用するため、脂肪がどんどん燃焼されシェイプアップに繋がります。

プチ断食日の食事のポイント

500㎉を目安に食事を行うとしても、500㎉なら何でもOKというものでもありません。ダイエットを成功させるためには、食べるものにも気を使いましょう。

低GI食品

低GI食品は、血糖値の上昇を緩やかにし、腹持ちを持続させる作用があります。
GI値50以下の食品を摂るようにしましょう。

良質なタンパク質

ダイエットの時は、筋肉を維持するためにも良質なタンパク質を摂るようにしましょう。赤身のお肉や大豆食品は、良質なタンパク質を含んでいる上に、低カロリーなのでおススメです。

水分をしっかり摂ること

空腹を紛らわすだけでなく、体内の水分量を維持するためにも水分はしっかりと摂りましょう。ジュースはカロリーが高いので、お茶やコーヒーなどで水分補給しましょう。

当サイトの編集部さんが紹介している「脂肪燃焼スープ」は、プチ断食にぴったりの食事ですね。
低カロリーでお腹がいっぱいになる脂肪燃焼スープ、プチ断食日に取りれてみましょう。
脂肪燃焼スープの作り方→[kiji:2755]

最後に

プチ断食日じゃないからと、ドカ食いするのは避けましょう。
あくまでも普段と同じ食事ですよ~。
スッキリボディの健康美人になるために、5:2ダイエット、試してみませんか?

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

本記事は、2015年6月25日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。