綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,861 記事

あなたは大丈夫?やればやるほどおブスにしちゃうNG美容法3選

2015年8月18日更新 | 7,916 views | お気に入り 500

メディアの多様化が進むにつれて、美容情報も溢れてきています。
キレイになりたいと思うほど、あれも、これも…と、手一杯になっていませんか?
どうせやるなら、自分に一番合う最適な美容法がいいですよね。

しかし、メディアから一方通行に発せられる情報には、「本当に自分に合っているのか」、「注意点はなにか」など、細かい内容までは明らかにされていないことがほとんど。そのため、よく理解できていないまま、とりあえず行った結果、キレイになるどころか、肌が荒れてしまった…など、逆効果を生む可能性もあるのです。

私は化粧品会社勤務や、雑誌の美容ライター経験を通して、実は逆効果になることもある美容法がたくさんあることに気付きました。

やればやるほどおブスにしちゃうNG美容法3選

1.念入りすぎる!?フェイスケア 

化粧水をたっぷりつける、マッサージをするなど、フェイスケアを丁寧に行うことは、肌にとても良いことです。
しかし必要なのは、栄養分の補給と、皮膚の下の血行をよくするための適度なマッサージ。ベタベタベタ、グリグリグリ…と、肌を触りまくることは悪い刺激になってしまい、顔の赤みやバリア機能の低下につながってしまいます。
洗顔のときは、泡をモコモコにして皮膚をこすらないようにと注意しながら、やわらか~く洗っているのに、保湿のときは「マッサージって必要だから」と、きつ~くこすっていませんか?これは、保湿しているはずなのに、乾燥や、小さなシワやたるみを引き起こしてしまう可能性もある、とてももったいないNG美容法なのです。化粧水を導入するときは、こするように動かすのではなく、プレスしてじっくり浸透させましょう。そして、マッサージはすぐに乾いてしまう化粧水のときには行わず、油分が多いクリームやオイルなどを塗って、しっかりとすべりを良くした状態で優しく行うというのが、基本中の基本なのです。

2.ゆっくり、ゆったり…長時間バスタイム

フェイスケアに続き、体のスキンケアのお話です。
「美人は入浴時間が長い」そんなイメージありませんか?実際に、多くの人がゆっくりと入浴することを「美容法のひとつ」と、考えているようです。

たしかに、入浴は血行のめぐりを良くしたり、リラックス効果をもたらして睡眠の質をアップしたりと、体にとても良いものです。
しかし、見直してほしいのは、その入り方。「ダイエットのため」と言って、温かいお湯に1時間近くも入浴すると、体が赤くなってきます。単に火照っているだけではなく、皮脂が流れることで肌がとっても乾いた状態になっているのです。

実際、「サウナ通いしてから、肌が赤黒くなってきた」、また「痩せたけど、なんだか肌が老けた気がする」という相談を受けることがあります。長くとも20分程度にして、入浴後はたっぷりと保湿してあげるか、保湿効果のある入浴剤を使用しましょう。ちなみに、肌の乾燥だけではなく、長時間入浴は脱水のリスクも。入浴する際は、コップ1杯程度の水分を摂ることもとても大切です。

3.美しいボディラインには、とにかく筋トレ!?

 

最後は、この時期、特に気になるボディラインについてです。
美しいボディラインをつくるために、なくてはならないのが“筋肉”です。

しかし、筋肉をつくりあげる筋トレだけに夢中になると、しなやかとは言えないボディラインになってしまうことも。ダンサーやアスリートなど、体をつくるプロたちは必ず、筋トレとセットで柔軟を行います。みなさんも、学生時代の体育は、まず柔軟からスタートしていたかと思います。筋トレが筋肉をつくりあげるものだとしたら、ストレッチは筋肉を良い状態にほぐしてあげることなので土台づくりと言えるのです。そして、ストレッチは筋肉の可動域を広げるので、ストレッチを省略して筋トレだけに励むと、固くバランスの悪い筋肉ができてしまうことも。

また、あまり運動していない人はストレッチだけでも筋肉が刺激されて、引き締まることを実感できるはずです。女性の理想である、しなやかで引き締まったボディラインを手に入れるには、極論を言えば“筋トレ”ではなく“ストレッチ”なのではないでしょうか。

まとめ

自分の体のこととはいえ、なかなか理解できないこともあります。
しかし、本当にこれが合っているのか、体にいいことなのか…その答えは、とても小さい声ながら、体から発せられているはずです。あなたのNG美容法も、BEST美容法も、まずはその小さい声に耳を傾けることで知ることができるはずです。その声を拾うための手助けとして、ぜひこれらの内容を参考にしてみてください。

※参考
『ブスデトックス イイ女の逆引き美容テクニック集』 (bea’s up Beauty Book)

著者情報

ビューティープランナー、美容ライター

本記事は、2015年8月18日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。