綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,855 記事

肩こりと口内炎!何故一緒にできるのか?

2015年7月27日更新 | 14,556 views | お気に入り 509

 肩こりと口内炎の因果関係に迫る!

肩こりが慢性化している人も多いのですが、同時に繰り返しできる口内炎に悩んでいるという人もいます。これらが単独で起きても辛いのに、同時に起きてしまうこともあるようです。肩こりと口内炎が同時にできる理由とはどのようなものがあるのでしょうか。探ってみましょう。

肩こりが起きる理由

  • 同じ姿勢で長時間いたり、前のめりになる姿勢を長い時間している
  • 冷え性
  • 血行が悪い
  • まくらが合っていない
  • 運動不足
  • 病気(消化器系、循環器系、くびの骨の異常など)

 などが、主な理由となり肩こりが起きているようです。いわゆる、筋肉のお疲れ状態ということになります。

口内炎が起きる理由

  • 疲労
  • 免疫力低下
  • ウイルスや細菌感染
  • 入れ歯や矯正器具の接触
  • ほおを噛む
  • さまざまなアレルギー(食物、タバコなど)

精神的、肉体的に疲れているとき、もしくは物理的接触などでできることが主な原因となります。

一緒にできる場合に考えられること

 身体からのSOSです!

 肩こりが慢性化している人の多くは、筋肉が疲労している状態です。お風呂にゆっくり浸かったりしているにも関わらず、症状が軽減しないというときは、結構重症です。
それに加え口内炎ということになりますと、物理的要因(入れ歯や矯正器具の接触やほおを噛む)や食事面での問題が無い場合は、免疫力が低下して疲れているときになります。

改善方法

 生活の見直し

一番良い改善法は、生活そのものを見直すということです。このような状態を繰り返していると、もっと大きな病気に繋がることが可能性としてあり得ます。

今の仕事が体力的や精神的に辛い場合や、家事と育児と仕事を頑張りすぎているという人に多いようです。
頼めることは他の人に頼んで少しでも身体と心を休める、ゆっくりぼーっとする時間を1日10分でもいいので作る、休日にリフレッシュできる好きなことをする・・・それぞれ自分に足りないということを補うことが必要です。

ビタミンBを補給して休む

ビタミンBが不足すると口内炎ができやすくなります。毎日しっかりと食事が摂れているでしょうか?ビタミンBの中でもB2とB6は特に重要です。ビタミンB2は、レバー、のり、たまご、納豆などに多く含まれています。

もし、食事メニューを毎日気を配るのは難しいという場合は、ビタミンB配合の錠剤を飲むという方法があります。


出典元:http://www.chocola.com/product/lineup/bb.php

こちらの商品には、ビタミンC配合タイプ、ドリンクタイプなどさまざまなタイプの商品が揃っているので、選びやすくなっています。

こんな人が危ない!

 根が真面目で融通が利かない人、何もかもを背負い込む人、とにかく頑張るのが好きな人に多い傾向があるようです。

ときには、適当に!ちょっとおさぼりしたり、ダメな自分でも受け入れることは必要でしょう。

 さいごに

 慢性的な肩こりや繰り返す口内炎に悩んでいるという人は結構多いようですが、可能な限り身体と心を休ませる工夫をしないと、後々大変なことになるかもしれません。現在の状況でそれは難しいという人もいるかと思いますが、せめて心を休ませるときを作るようにしましょう。
病気になると、もっと大変なことになるのは目に見えています。最終的に自分を労わるのは自分です。少し緩くなることも必要です。

著者情報

自分に素直に生きることをモットーにしています。

本記事は、2015年7月27日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。