綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,861 記事

辛い膀胱炎!癖になる前に治したい改善方法

2015年9月29日更新 | 3,085 views | お気に入り 544

「トイレが我慢できない」「尿をするたびに激痛」「出血する」・・・とっても辛い膀胱炎。
一度なってしまうと癖になり、何度も繰り返してしまうこともある病気です。

膀胱炎で辛い思いをしないため、その原因や予防法、改善方法などを紹介します。

膀胱炎の原因

膀胱炎は細菌に感染することで起こります。尿道から膀胱へと細菌が入り込み、膀胱内で細菌が増殖すると膀胱炎になってしまうんです。原因となる細菌の主は大腸菌やブドウ球菌、セラチア菌、プロテウスなどです。
ほとんどの場合は大腸菌が原因となるケースが多いですね。

元々は、膀胱内にも少量の細菌が存在しており、膀胱自体も細菌に対する抵抗力を持っています。しかし、疲労やストレスによって免疫力が低下していると、いつもならば平気な細菌にも感染しやすくなってしまいます。

膀胱炎になりやすい生活習慣・体質

トイレにあまり行かない

膀胱に入り込んだ細菌は、尿をすることによって一緒に排出されます。しかし、長時間トイレに行かないでいると、膀胱内の細菌が排出されずどんどん増殖してしまい、膀胱内が細菌でいっぱいになってしまいます。そうなると膀胱自体も全ての細菌に対して抵抗できなくなり、膀胱炎になってしまうんです。

水分をあまり摂らない

尿をどんどん出すことで、膀胱内に細菌が溜まるのを防いでいます。水分をあまり摂らないということは、尿をする回数も少なくなってしまうということですね。そうなると膀胱内に細菌が増殖してしまいます。

生理ナプキンを長時間取り換えない

生理中は経血をエサとして細菌が増殖しやすい時期です。ナプキンをあまり取り換えないでいると、経血をエサとしながら細菌がどんどん増えてしまいます。
また、生理中は体の免疫力が低下する時期でもあり、膀胱炎にも感染しやすくなります。

冷え症

冷え症の人、特に下半身が冷えるという人は膀胱炎になりやすいです。下半身が冷えていることで、尿道や膀胱の動きが悪くなり、尿をする回数も減ってしまうんです。尿の回数が少ない・・・膀胱内で細菌が増え続けているということです。

細菌が増殖することに加えて、免疫力が低下した状態が膀胱炎を引き起こします。ストレスや疲労、過度な食事制限、睡眠不足などは免疫力を低下させてしまうので、注意しましょう。

膀胱炎の予防方法

辛い膀胱炎。まずは膀胱炎にならないことが大切ですよね。
膀胱炎にならないための予防方法がこちらです。

  •  水分をしっかり摂る
  •  こまめにトイレに行く
  •  生理用ナプキンはこまめに取りかえる(最低でも3時間ごとに)
  •  下半身を冷やさない
  •  性交渉の前後は清潔に
  •  ストレスや疲労を溜めない

細菌を 「侵入させない」 「増殖させない」 「免疫力を下げない」
この3つが膀胱炎の予防では大切です。 

膀胱炎になってしまったら・・・

本当に軽い症状の場合は、水分をたっぷり摂り尿をたくさんすることで、膀胱内の細菌が排出され治すことも出来ます。

しかし症状が重い場合、どんどん症状がひどくなるようならば、早めに病院に行きましょう。
行くのは泌尿器科です。病院ではお薬によって治療をします。細菌を死滅させるための抗生物質や抗菌剤といったお薬が処方されます。膀胱炎は放っておくとどんどん症状が悪化してしまうので注意しましょう。

薬は飲み切ることが大切

病院で抗生物質や抗菌剤といった薬が処方されたら、「最後まで飲み切る」ことが大切です。
薬を飲み始めると、すぐに症状が良くなってきます。2~3日でまったく症状が無くなる場合もあります。そうなると、「治った~♪」と思ってしまい薬を飲むのを止めてしまう人も多いですね。

これは絶対にダメです。服薬を途中でストップしてしまうと、症状がぶり返してしまったり、膀胱炎を繰り返し発症しやすくしてしまいます。
処方されたお薬は、処方された日数分しっかりと飲み切る様にしましょう。

最後に

辛い膀胱炎。ならないためにしっかりと予防しましょう。
もしなってしまったら、恥ずかしがらずに早めに病院へ行くようにして下さいね。

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

本記事は、2015年9月29日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。