綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,862 記事

ニキビ跡改善にコラーゲンがいい!おすすめの食材4つ

2015年11月12日更新 | 3,110 views | お気に入り 547

ニキビ跡とコラーゲン

ニキビの症状が進行するとデコボコになり跡が残ってしまいます。一度できた凹凸はなかなか自分では治しにくいのが実情です。それでも自分で改善してみたい方におすすめなのが「コラーゲン」なのです。なぜニキビ跡に効くのか?どんな食材が良いか紹介します。

ニキビ跡はどうなっている?

ニキビは症状が進行すると炎症を起こし、周りの組織まで破壊してしまいます。これがいわゆるニキビ跡・クレーターと呼ばれるものです。通常のニキビとは違い細胞自体が壊れているためなかなか治しにくいのが現実なのです。本当はこうならない前に適切なケアをしてニキビを酷くさせないお手入れが必要だといえます。

ニキビ跡を目立たなくするのにコラーゲンがいい

ニキビ跡になぜコラーゲンが良い?

ニキビ跡ができたら自分で治すのは難しいと説明しましたが、肌に元々あるコラーゲンを増やすことで目立たなくすることはできます。美容外科などでもコラーゲンを直接注入したり、レーザーでコラーゲンの生成を促す治療が行われています。自宅ではスキンケアのみだとなかなか改善できませんから、食事でコラーゲンを摂取し新しいコラーゲンを生成させて目立たなくさせましょう。

ニキビ跡におすすめの食材

ニキビ跡におすすめの食材

自宅でニキビ跡をケアするならコラーゲンが多く含まれている食材、またはアミノ酸の摂取をおすすめします。さらにコラーゲンの合成を促すビタミンも補給すると徐々に改善していきます。

1・手羽先

鶏肉の皮や手羽先にはコラーゲンが豊富に含まれています。手羽先を煮込むと冷えた煮汁がぷるぷるに固まります。これがコラーゲンですから、煮る場合は汁ごと食べられる料理、焼いたり揚げたりしてそのまま食べてもOKです。

2・カレイ

カレイの煮付けも煮汁がゼリー状になりますね。アミノ酸を多く含みコラーゲン生成に便利な食材です。これも煮汁に流れるともったいないため、丸ごと食べられる調理がおすすめです。

3・じゃがいも

レモンのようにビタミンCが多い食材でもコラーゲンの合成を助けることができますが、果物に含まれるビタミンCは熱に弱いため加熱せずそのまま摂取してください。料理に使える食材で便利なのが熱に強いじゃがいもです。でんぷんが多いため料理に加えてもビタミンCが壊れにくくなります。

4・卵

コラーゲンを摂取すると体の中でアミノ酸に分解されます。それなら元々アミノ酸スコアが高い食事を摂取してもよいことになります。卵のアミノ酸スコアは100ともいわれているため、体内で分解されコラーゲンの材料にもなってくれます。美容のためには1日最低1個は食べたいものです。最近では卵の摂取量はそれ程気にしなくても良い方向に変わってきています。

まとめ

今回紹介した食品以外にもコラーゲンが多いもの、アミノ酸スコアが高いもの、ビタミンCが多い食品などを積極的に補ってみてください。栄養が不足していればコラーゲンが体内で合成に導かれないため、食事でも改善してみましょう。

著者情報

最近はもっぱらナチュラル思考です。自然が大好き!

本記事は、2015年11月12日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。