綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,863 記事

チクチク痛い!帯状疱疹の原因5つと疑うべき症状

2015年11月10日更新 | 9,467 views | お気に入り 505

 

帯状疱疹について考える

帯状疱疹、一度はどこかで聞いたことがあると思います。チクチク痛くて気になりますし、跡が残ってしまうこともあるようです。今回は、帯状疱疹の詳しい原因とこの症状があったら疑うべきものについて紹介します。

帯状疱疹とは

水ぼうそうを起こすウイルスが原因で起こる病気です。ウイルスが神経を刺激して炎症を起こすので、痛みはチクチクした痛みとなります。神経に沿ってぽつぽつができることが特徴で、身体の片側にできることも特徴として挙げられます。

帯状疱疹の原因

肉体的疲労

疲れがたまっているとできやすいので、休養はしっかりと取りましょう。

ストレス

ストレスは帯状疱疹の敵です。免疫力を低下させ、ウイルスを活動させてしまいます。

風邪

風邪を引いているときは、免疫力が低下しています。よって、帯状疱疹もできやすくなります。

免疫抑制剤の服用

免疫抑制剤を使っているとどうしても免疫力が低下するので、帯状疱疹にはかかりやすくなります。

加齢

帯状疱疹ができる年齢で一番多いのが60代と言われています。主に50代~70代にできやすいようです。しかし、最近では疲れとストレスがたまった20代、30代の女性の患者も多くなって来ているようです。

帯状疱疹の湿疹ってどんな湿疹?

このような赤みがかったものができ、最後にはかさぶたになります。跡が残ってしまうことも多いようです。

帯状疱疹はどこにできる?

  • 背中や胸のあたりの上半身
  • 目の周囲
  • 耳 

身体のあらゆる場所にできるのが、帯状疱疹なのです。

帯状疱疹を疑うべき症状

何もできていない状態なのに、ピリピリとした感じがある。
⇒身体の片側に帯状の赤み、チクチクした発疹ができます。

帯状疱疹になった人の半数以上が、虫刺されやかぶれやアレルギーというようなものだと思って、皮膚科を受診するようです。

帯状疱疹の治療法

帯状疱疹の治療は基本的に投薬治療が中心です。抗ウイルス薬の全身投与をします。重症化している場合は、入院しての抗ウイルス薬を点滴します。

帯状疱疹が局所に限定されている場合は、初期では非ステロイド抗炎症薬を使用します。水泡ができたあとは、二次感染を防ぐために、化膿を防ぐ外用薬を塗ります。

帯状疱疹はうつる?

帯状疱疹としてうつることはありませんが、まだ水ぼうそうにかかったことが無い人には、水ぼうそうとして感染してしまうことがあります。特に気を付けたいのが妊婦さんです。妊婦さんの水ぼうそうは重症化しやすいと言われているので注意が必要です。

水ぼうそうにかかったことの無い妊婦さんは帯状疱疹の人のそばに近寄らないこと!

帯状疱疹は再発する?

帯状疱疹は再発する人が1%います。99%の人は1度しか帯状疱疹にはかかりません。以前より水ぼうそうウイルスの免疫が強くなるからです。

帯状疱疹は一生に1回しかかからないことがほとんどです。

さいごに

帯状疱疹の皮膚症状を実際に見たことがありますが、とても痛そうなものでした。早めに治療することが大事なので、まだかかったことの無い人は症状だけでも頭の片隅に入れておいた方がよさそうです。

著者情報

自分に素直に生きることをモットーにしています。

本記事は、2015年11月10日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。