綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,863 記事

足の血管が目立って気になる。。。女性が気をつけたい下肢静脈瘤

2015年11月5日更新 | 6,013 views | お気に入り 503

下肢静脈瘤

最近足の血管が目立ってきた!なんて症状はないでしょうか?年齢のせいと思っている方も多いようですが、放置するともしかしたら重症化してしまうこともあるかもしれないのです。女性の場合は下半身のむくみが気になる方も多く、将来、血管がもっと目立つようになる可能性もあるため詳しい知識を得るようにしてみましょう。

足の血管が目立つ理由とは?

この原因で考えられるのが「下肢静脈瘤」です。

単なる足のむくみや年齢によるものではなく、静脈にある弁が壊れて血流が悪くなってしまう病気です。下半身にある血管の一部が盛り上がるように目立つようになった方、午後になると足が疲れやすい症状がある方は注意する必要があります。下半身にある静脈の弁が壊れると、上半身に送り届けなければならない血液が逆流してしまいます。その結果、血管が浮き上がったような状態になります。

下肢静脈瘤の原因

下肢静脈瘤の原因

この病気は年齢的に血流が悪くなるものから、生活習慣の影響などでも起こります。誰でも加齢により多少の影響は見られますが、女性の場合出産の影響や冷え・下半身の血流不足などいろいろな原因が隠れていることがあります。

スキニーパンツ

ピタッとしたパンツ・下着などで下半身が圧迫されると、血管に圧力がかかり弁が壊れやすくなります。体はできるだけ締め付けず、スキニーパンツを履くならストレッチタイプを選びましょう。

妊娠のホルモン変化

女性ホルモンの影響やお腹への圧迫で一時的に症状が現れる方がいます。出産後、体重が元に戻ったりホルモンバランスが調うと改善する人も多いため治療は様子を見ます。

デスクワーク

1日中座りっぱなしの仕事だとどうしても下半身の血流が滞ります。定期的にトイレや休憩で席を立ったり、足首を回して血流を改善してください。

立ち仕事

1日中立っている仕事の方は重力の影響で下半身の血流が悪くなります。仕事が終わったら足を高くするなど下半身に溜まった血流を流しましょう。毎日湯船に入る方法も予防に繋がります。

下肢静脈瘤の予防

下肢静脈瘤の予防

足が疲れやすい、夕方になるとむくみが出る方は今のうちに予防しておきましょう。弾性ストッキングを使う方法は医療機関の治療としても使われています。症状が酷いなら病院で専用のものを購入し、軽いなら市販の着圧ストッキングでOKです。

また、下半身の血流が悪いのが直接的な原因ですから、普段から運動を心がけ改善するようにしたり、マッサージやストレッチも効果があります。立ち仕事をしている方は高いヒールだとふくらはぎの筋肉で使わない部分ができてしまうため、筋トレを取り入れたりぺたんこ靴を履く日も作るのがおすすめです。かかとの上げ下げを毎日数分やるだけでも下肢静脈瘤の予防に繋がります。

まとめ

女性の場合もともと下半身の筋肉量が少ないためむくみが気になる方も多いはず。これが将来の下肢静脈瘤に繋がるなんて考えてもいない方が多いのでは。酷くなれば手術が必要なケースもありますから、むくみやすい方は今から予防をしてみてくださいね。

著者情報

最近はもっぱらナチュラル思考です。自然が大好き!

本記事は、2015年11月5日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。