綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,861 記事

どうしてセルライトが痛いの?考えられる3つの理由

2016年1月7日更新 | 4,923 views | お気に入り 500

セルライトが痛い・・・どうして?

セルライトはできるだけでも嫌なのに、痛みが起きるということがあるようです。果たしてどうして痛みが起きるのか?その痛みの理由は?気になることがたくさんあります。今回は、セルライトの痛みのお話です。

セルライトの痛み

その① セルライト同士が圧迫している

セルライトが無い場合は、リンパの流れもスムーズで血管の流れもいいのですが、セルライトが増えるとセルライト同士が圧迫してしまうために、血管やリンパ管を圧迫するために痛みを引き起こします。いわゆる狭い空間にセルライトがぎゅうぎゅうに押し詰められた状態なので、痛みを起こすのです。

リンパマッサージで老廃物をスムーズに流すということが必要です。
その② エステでの施術

セルライトに悩んでエステの施術を受ける、もしくは受けたいと思っている人は多いようですが、無理な施術でセルライトを潰すという行為で痛みを感じることがあります。これは、皮下組織にあざを作るようなものです。セルライトは時間をかけて解消して行くものだという認識を持ちましょう。

内出血を起こすようなエステやマッサージは決してよいセルライト解消法ではないということです。
その③ 自宅での自己流の揉みくだし

自宅でのセルフエステを行う女性が増えています。自宅でできれば通う時間も考えなくていいですし、費用も抑えられるということで人気です。しかし、大手エステサロンのような揉みくだしを自己流で行うことで痛みを引き起こす人が増加中です。

セルライトは時間を掛けて取り除くものです。正しい方法でセルライト除去しましょう。

正しいセルライト除去の方法

病院で行うセルライト除去

病院でセルライト除去を行うことが可能です。医療用のレーザーを使っての除去となります。費用は掛かりますが、安全な方法と言えるでしょう。

美容皮膚科、美容整形外科などの診療科で行っていることが多いようです。

自宅で行うセルライト除去

自宅でセルライト除去を行うときには、長い期間をかけて行うものだと認識しましょう。

マッサージ法

身体を温めます。お風呂に入って血行を良くしましょう。マッサージはオイルを使うことをお勧めです。(寝る前はラベンダーを使うと心地よい眠りに繋がります)足先から心臓に向かってマッサージします。少しくらいの痛みはいいのですが、明らかに痛いのはあざを作るもとになります。

生活習慣の見直し

セルライトは運動不足の人、冷え性の人、塩分を摂りすぎる人(インスタント食品や加工品の摂りすぎも含む)、カリウムが不足している人にも起きやすいようです。生活習慣を見直すことは、マッサージ同様に大切なことです。

さいごに

セルライトの痛みの多くは無理なマッサージが多いようです。確かに嫌なものですから、マッサージにもちからが入ってしまうということも仕方ない気がしますが、無理に潰すという方法はよくありません。生活習慣を見直し、身体を温めたりオイルを使ったりして皮膚に優しいマッサージを行いましょう。

★セルライトの解消にはキャビテーションはいかがでしょう?
こちらのサイトで詳しくチェックできますよ♪

キャビテーションって何?自宅でもできる簡単エステ | ダイエット教習所

著者情報

自分に素直に生きることをモットーにしています。

本記事は、2016年1月7日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。