綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,856 記事

鼻の横のニキビの原因は?繰り返しニキビを作らないための6つの方法

2017年12月4日更新 | 133,872 views | お気に入り 493

鼻の横 ニキビ

「なぜ鼻の横に繰り返しニキビができてしまうのだろう?原因は一体何?」
あなたは今、そうお悩みではありませんか?

見た目も恥ずかしいし、時には痛い。鼻の横にニキビができてしまうのを防ぎたい。しかしどうしても何度も繰り返しできてしまう・・・。
もし、繰り返しニキビができないようになれば、恥ずかしい思いもしなくて済みますよね。

そんなあなたに朗報があります。「鼻の横に繰り返しニキビができてしまうのは防ぐことができます。」
この記事を読めばその方法を知ることができます。

しかも、ニキビができてしまうのを防ぐだけではありません。
ニキビができなくなることで、今後人に顔を見られても恥ずかしい思いをしなくて済むようになり、堂々と人と向き合うことができるようになります。

今回は繰り返しできてしまう鼻の横のニキビの原因から、それを防ぐ方法、さらにはもしできてしまった場合の対処法を説明していきます。

鼻の横のニキビときっぱり決別し、人と向き合う際に堂々としていられるように、この記事がお役に立てれば幸いです。

鼻の横にニキビができる原因とは?

ニキビは大きく分けて3種類あります。それぞれのニキビによってできてしまう原因に違いがあります。
どれも同じ原因でできてしまうわけでは無いようです。まずはそれぞれのニキビができてしまう原因を知りましょう。

1)白ニキビ

白ニキビはポツポツした小さなものがいくつかまとまってできる場合と、白い大きなニキビができる場合があります。
赤ニキビに比べるとまだ多少目立ちませんが、それでもやっぱり気になりますね。

食生活の偏り

食生活の偏りにより白ニキビができてしまうことがあります。特に野菜不足が原因となる場合が多いですね。
「自分としては野菜を食べているつもりなんだけど・・・。」という人もいることでしょう。その場合は肉の摂取が多すぎるのかもしれません。

肉には脂質が多く含まれています。エネルギーとして使われず体内に残った脂質は中性脂肪へと変化します。中性脂肪の一部は皮脂へと変化します。

すなわち、肉を多く食べると皮脂も増えるということです。皮脂が多く分泌されることで、毛穴に皮脂が詰まり白ニキビができてしまうのです。

内臓の疲れ

食べすぎた翌日や飲みすぎた翌日に白ニキビができてしまった!!なんてことありませんか?
それは暴飲暴食により内臓が疲れているのが原因と言われています。

暴飲暴食によって胃腸での消化活動が活発になると、血液が胃腸に集中してしまいます。全身にしっかりと血液が届かないことで、肌の新陳代謝が衰えてしまい、白ニキビが発生しやすくなるのです。

また、飲酒によるアルコール分解のために肝臓に負担がかかると、毒素を分解しきれず体内に残りそれがニキビの原因になるとも言われています。
暴飲暴食によって内臓が疲れることで、白ニキビが発生してしまう場合があります。

睡眠不足

睡眠不足

寝不足の翌日は肌がボロボロ・・・。といった経験のある人も多いことでしょう。
肌のターンオーバーを促す成長ホルモンは主に寝ている間に分泌されます。
すなわち寝ている間に肌のターンオーバーが行われ、新しい肌へと生まれ変わっているということになります。

睡眠不足の場合、成長ホルモンの分泌量が足りず、肌のターンオーバーもしっかりと行われないということになります。そのため、皮脂が毛穴に溜まり白ニキビができてしまうと言われています。

♥睡眠の質が大切♥
しかし、ただ長い時間眠れば良いという訳でもないようです。
睡眠において大切なのは「質」です。深い睡眠(ノンレム睡眠)をとるようにしましょう。

メイクの洗い残し

鼻の横は窪んでいるため、しっかりとメイク落としで落としたつもりでもファンデーションや日焼け止めが残ってしまうことがあります。
残ったファンデーションや日焼け止めが毛穴に入り込み、白ニキビの原因となることがあります。

特にリキッドファンデーションは油脂が含まれているため、毛穴に詰まりやすくニキビの原因にもなりやすいと言われています。

また、ファンデーションだけでなく洗顔料も洗い残しがあると毛穴を塞ぎ、ニキビを作りやすくしてしまうと言われています。

毛穴パックのやりすぎ

毛穴の黒ずみや毛穴の皮脂汚れを取り除くための毛穴パック。ニキビ予防のために使っているという人もいることでしょう。
しかし適度な毛穴パックはニキビ対策に有効ですが、やりすぎてしまうとかえってニキビを作りやすくしてしまいます。

毛穴パックは言ってみれば強引に毛穴の皮脂を引っこ抜くものです。
無理やり皮脂が引っこ抜かれた後の毛穴は開きっぱなしになり、そこにまた皮脂や汚れが溜まってしまいニキビの原因となる場合があります。

◆肌への刺激も原因になる?◆
毛穴パックは無理やり剥がすため、肌への刺激がとても強いです。毛穴パックを剥がすことで肌は刺激を受けると、そのダメージから守ろうと皮脂を多く分泌するとされています。
そのため毛穴パックの刺激により過剰に皮脂が分泌されることもまた、ニキビの原因となると言われています。

2)赤ニキビ

ぷくっと赤みを帯び、時に痛みを伴う赤ニキビ。できてしまうと目立ってしまい恥ずかしいですね・・・。
また、なかなか治らない厄介なニキビでもあります。鼻の横に赤ニキビができてしまう主な原因が以下になります。

白ニキビを放置

ニキビは4段階で進行します。

◆白ニキビ→(黒ニキビ)→赤ニキビ→黄ニキビ◆

黒ニキビは毛穴に詰まった皮脂の表皮部分が酸素に触れ酸化した状態です。そのため毛穴内はほぼ白ニキビと同じ状態となっています。黒ニキビができる原因はほぼ白ニキビと同じです。そのため今回は黒ニキビについては省かせていただきます。ご了承ください。

毛穴に皮脂が詰まった状態のものが白ニキビ(もしくは黒ニキビ)。その白ニキビを放置したままにしておくと、毛穴にアクネ菌が入り込み炎症を起こし赤ニキビへと進行してしまう場合があります。

アクネ菌の繁殖

白ニキビ→赤ニキビという進行がなく、いきなり赤ニキビができてしまう場合もあります。
これもまた、毛穴にアクネ菌が入り込み繁殖し炎症を起こしたものです。

鼻をよく触る、しっかりと洗顔できていないなどによってアクネ菌が鼻の横の毛穴に入り込み、雑菌をエサとして繁殖することで赤ニキビとなる場合があります。

皮脂の過剰分泌

鼻の横などの鼻の周辺は顔のパーツの中でも特に皮脂の分泌が多いです。そのためニキビになりやすいです。
肌への刺激やストレス、ホルモンバランスの乱れなど、何らかの原因で皮脂が過剰分泌することで、毛穴が詰まりアクネ菌が繁殖し赤ニキビができてしまうことがあります。

洗顔

「これでニキビケアはバッチリ!」
と思っていても、実はそのスキンケア方法が間違っており、かえって赤ニキビを作りやすくしてしまうケースも多いですね。

特に多いのが「洗顔方法の間違い」です。ニキビを作らないために、皮脂をしっかりと取り除こうと洗顔を必要以上にしすぎていませんか?
洗顔をしすぎてしまうと皮膚を保護するための皮脂が不足してしまいます。

皮脂は本来肌を外部刺激から守るために分泌されます。肌を守るための皮脂が足りないと、肌はそれを補うためにいつも以上に多くの皮脂を分泌します。
それにより、皮脂が毛穴に詰まりやすくなりニキビができてしまう場合があります。

また、肌に合わないスキンケア用品を使うことで、肌に刺激を与え皮脂の過剰分泌、肌の免疫力低下が起こり、アクネ菌が繁殖しニキビを作りやすくしてしまうこともあります。

ホルモンバランスの乱れ

生体ホルモンはざっくり分けると男性ホルモンと女性ホルモンに分類されます。

女性ホルモン(エストロゲン)は皮脂の過剰分泌を抑制する、肌の水分量を調整するなどの働きがあり、美肌作りに欠かせないホルモンです。
それに対し男性ホルモン(テストステロン)は皮脂を過剰に分泌する、皮膚を角化(硬くする)といった作用を持っています。

何らかの原因でホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンが活発化することで皮脂が過剰分泌し赤ニキビを作りやすくしてしまうと言われています。
思春期や更年期はホルモンバランスが乱れやすいです。そのため赤ニキビもできやすくなります。

◆生理前にニキビができやすい理由◆
生理前になると突如赤ニキビができる、肌が荒れるなどの経験をしたことがある方も多いと思います。
生理前になると男性ホルモンに似た黄体ホルモンが多く分泌されるため、皮脂も過剰分泌してしまい赤ニキビができやすくなると言われています。

3)黄ニキビ

痛くて時にかゆい黄ニキビ。鼻の横にできてしまうと目立つので恥ずかしいですよね。黄ニキビはどのような理由でできてしまうのでしょうか?

赤ニキビを放置

黄ニキビはいきなりできることはほぼありません。赤ニキビを放置しておくと炎症が進行してしまいます。
そして赤ニキビが悪化し黄色い膿を持った状態となります。この状態が黄ニキビです。

黄ニキビになってしまうと、ニキビが治った後もニキビ跡が残りやすいです。そのため、黄ニキビへと進行する前に適切なケアをすることが大切です。

洗顔・スキンケア方法の間違い

赤ニキビを治すためのスキンケアを行っても、その方法が間違っていることで黄ニキビへと進行してしまう場合があります。

特に多いのが洗顔のしすぎです。
皮脂を取り除こうと一日に何回も洗顔してしまうと、必要以上に皮脂が取り除かれ、肌のバリア機能が低下してしまいます。
その結果、肌はバリア機能をアップさせるために余分に皮脂を分泌し、赤ニキビをさらに悪化させ黄ニキビへと進行させてしまうのです。

また、脂っぽいからと洗顔の後に保湿をしないのも原因となります。
洗顔のしすぎと同じく保湿がなされてないと、肌はバリア機能をアップさせるために皮脂を多く分泌します。たとえニキビができても、適度な保湿をすることが大切です。

食生活 乱れ

食生活や生活習慣の乱れもまた赤ニキビを黄ニキビへと進行させてしまいます。

脂質の多い食べ物ばかり食べていると、皮脂の分泌が多くなり毛穴を詰まらせやすくします。

また便秘も黄ニキビの原因となります。
腸内の善玉菌は腸内環境を整えるだけでなく、肌細胞を活性化させるビタミン類を合成します。
便秘により善玉菌が減ることで、ビタミン類の合成が少なくなり、肌のターンオーバーが乱れて毛穴に皮脂が詰まりやすくなります。

野菜をあまり食べない、運動不足などは便秘になりやすくします。そして黄ニキビの原因となります。
また、飲酒や喫煙もまた体内のビタミン類を大量に消費し、肌のターンオーバーを乱します。

毎日きっちりと規則正しく生活を送るのは難しいですが、ニキビができてしまったら、生活習慣を整えるようにすると良いかもしれませんね。

出来てしまったニキビの対処法

「鼻の横にニキビができてしまった!どうしよう?」
潰す?ファンデーションで隠す?ニキビができてしまったら、ついつい急いで対処してしまいたくなります。

しかし、間違ったケアをしてしまうとさらにニキビが悪化したり、ニキビ跡が残ったりしてしまいます。それぞれのニキビに合わせた対処法をご紹介します。

1)白ニキビ

野菜中心の食生活

肉(脂質)を多く摂る ⇒ 体内に中性脂肪が溜まる ⇒ 皮脂が多く分泌される ⇒ 白ニキビができる

このように脂質を多く摂りすぎることが白ニキビの原因となります。そこで必要となるのが「野菜」です。

野菜には脂質をエネルギーに変える、脂肪の分解を促す、という作用を持つ栄養素や酵素が豊富に含まれています。
野菜をしっかりと摂ることで肉の脂質を分解し、皮脂の過剰分泌を抑制することができるのです。

白ニキビを防ぐためには、肉を多く食べた時にはその分しっかりと野菜を摂ることが大切です。
特にビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、食物繊維を多く含む食材を摂ると良いとされています。

キャベツやブロッコリー、パプリカ、ピーマンなどはビタミンB、Cと食物繊維が豊富なのでおススメです。

サプリメント、栄養ドリンクの利用

白ニキビはまだニキビの諸段階のため比較的治しやすいです。
赤ニキビさらには黄ニキビになってしまうと治りにくく目立ってしまうので、できるだけ白ニキビの段階で治しましょう。

そこでおススメなのがサプリメントや栄養ドリンクです。
野菜を多く食べられなかった日や、疲れて食欲がない・・・といった時はビタミン配合のサプリメントや栄養ドリンクで栄養補給をしましょう。

ニキビ専用のサプリや栄養ドリンクを利用することで、白ニキビならば早めに完治することができますよ。

ニキビ、肌荒れ用のチョコラBBドリンクビット↓

栄養ドリンク

画像出典 https://www.chocola.com/product/bbbit.php

ニキビ用化粧水の利用

乾燥は皮脂の分泌量を多くしニキビを悪化させてしまいます。たとえニキビができてしまっても保湿をすることが大切です。

乾燥対策としておススメなのがニキビ専用の化粧水です。
ニキビに有効な成分が配合されており、ニキビを刺激する成分が入っていません。ニキビ用化粧水選びの際には、ニキビに有効な成分が入っているもの、また肌への刺激がないものを選びましょう。

ニキビに有効な成分

●ビタミンC誘導体・・・余分な皮脂を抑えます。また美白作用もあるのでニキビケアに有効です。

●グリチルリチン酸・・・炎症を抑える作用があります。そのため赤ニキビへと進行するのを抑制します。甘草から抽出したエキスのため、肌への刺激がありません。

●アラントイン・・・ニキビの炎症を抑制します。尿素や植物から抽出した成分のため、肌に優しいです。

◆ニキビを刺激する成分◆
●エタノール
●合成香料
●ラウリル硫酸ナトリウム
ノンコメドジェニック

スキンケア用品を含む化粧品には、含まれている成分の中にはニキビのもととなるコメドを誘発するものもあります。
ノンコメドジェニックは試験を繰り返し、ニキビを誘発する成分が入っていないことを証明したものです。
ニキビケア用であれば表記に「ノンコメドジェニック」「コメドテスト済み」と記載されているものを選ぶと良いでしょう。

白ニキビは潰しても良い?

ニキビができるとついつい潰したくなりますよね。しかし跡が残るかも?悪化するかも?といった懸念もあります。

白ニキビは基本的に潰してもOKです。
白ニキビはまだ炎症が起こっていない脂肪の塊のため、取り除くことで赤ニキビへと進行するのをストップすることにもなります。

ただし、正しいやり方で行うことが大切です。間違った方法で行うと雑菌が入り炎症、悪化する恐れがあります。白ニキビを潰す際のポイントがこちら。

コメドプッシャーを使う
・手や器具はしっかり洗い消毒する
・ピンセットでニキビの先端を少し潰す
・コメドプッシャーでニキビ内の皮脂を押し出す
・患部を消毒する

コメドプッシャーを使うときは強く押し付けすぎないようにしましょう。
皮膚を傷める、色素沈着を起こすといった危険性があります。何分もかけずスピーディに優しく行うようにしてください。

2)赤ニキビ

薬を使う

赤ニキビは毛穴内で炎症が起こっている状態です。そのため炎症を抑えることで徐々にニキビは目立たなくなります。

赤ニキビには抗炎症、殺菌作用のあるニキビ薬を使いましょう。市販されているニキビ薬も多くあります。
ただし、何でも良いという訳ではありません。
中には殺菌作用が強く、かえって皮膚を弱らせニキビができやすくしてしまうものや、肌荒れを起こしてしまうものもあります。自分の肌に合ったものを選ぶようにしてください。

市販薬に不安がある場合は、病院で診察を受けた上で適した薬を処方してもらいましょう。

免疫力を上げる

繰り返し赤ニキビができてしまうという人は免疫力が低下している可能性があります。

健康な肌は皮脂によりバリア機能が働いており、雑菌やウイルス、外部刺激から守っています。
しかし免疫力が低下してしまうと、バリア機能が弱まり細菌などが繁殖しやすくなるため、ニキビができやすくなってしまいます。

また、炎症が長引きなかなか赤ニキビが治らないといったことにもなりかねます。肌のバリア機能を正常化するためにも免疫力を上げるようにしましょう。

◆免疫力を上げる方法◆
・栄養をしっかりと摂る
・適度な運動をとりいれる
・質の良い睡眠
・ストレスを溜めない
・体温を上げる など

食生活や生活習慣の乱れは免疫力を低下させてしまいます。今一度ご自身の生活を見直してみてください。

免疫力

スキンケアを見直す

自分に合ったスキンケアを行っていないと繰り返し赤ニキビができてしまうことになります。
また、ニキビがなかなか治らない、悪化するといったことにもなります。今一度スキンケア方法を見直してみましょう。
スキンケアを見直す際のポイントがこちら。

刺激の強い化粧品を使わない
・しっかりと保湿を行う
・ノンコメドジェニックを使う
・ビタミンC配合のものを選ぶ

以上の点を踏まえて今一度スキンケア方法を見直してみてください。

正しい洗顔

皮脂の分泌が気になり必要以上に洗顔を行ってしまうと、肌のバリア機能が弱まりかえってニキビを悪化させてしまいます。また洗い残しもニキビを悪化させてしまうことになります。
正しい方法で洗顔するようにしましょう。

◆正しい洗顔方法のポイント◆
・たっぷりの泡で優しく洗う
・しっかりと洗い流す
・2分以上洗わない
・ぬるま湯ですすぐ
・清潔なタオルで優しく拭き取る

特に間違いやすいのが冷水ですすいでしまうという点です。
冷水ですすぐと毛穴が引き締まる感じがしますね。しかし冷水でのすすぎは肌を冷やし血行不良を起こしてしまいます。
血液がしっかりと肌細胞に届かないとターンオーバーが行われず、ニキビが治った後もニキビ跡が残ってしまう場合があります。

また、冷やすことで皮脂が流れ落ちてしまい、乾燥をまねき、かえって皮脂分泌が多くなってしまいます。

すすぐ際にはぬるま湯(32℃くらい)ですすぐようにしましょう。必要な皮脂を残し肌のバリア機能を保ったまま、不要な皮脂を落とすことができます。

3)黄ニキビ

皮膚科の受診

黄ニキビはアクネ菌だけでなく黄色ブドウ球菌までもニキビに入り込み増殖している状態です。
炎症が表皮の奥にある真皮層まで広がっているため、完治した後も凸凹のクレーターや色素沈着が残る恐れがあります。

黄ニキビができてしまったら皮膚科を受診することをおススメします。
皮膚表面からのケアだけでは難しいため、患部の炎症を抑えるための内服抗生物質が用いられることが多いです。
また重症の場合はステロイド剤が用いられる場合もあります。

黄ニキビには自己ケアは難しいです。ニキビ跡を残さないためにも皮膚科で適切な処置を受けることをおススメします。

黄ニキビは潰しちゃダメ!

白ニキビは毛穴に皮脂が溜まっただけの状態のため、正しい方法を用いれば潰しても大丈夫です。

しかし黄ニキビは真皮層まで炎症が起こっているため、潰してしまうとニキビ跡が残る可能性が高くなります。
白ニキビと似ているため間違えやすいですが、痛みやかゆみを伴う場合は黄ニキビです。絶対に潰さないようにしましょう。

黄ニキビは赤ニキビが悪化した状態です。黄ニキビになる前の段階で治すことが大切ですね。

4)ニキビ跡

ニキビ跡

ニキビ跡ができてしまってもケアすることで改善することは可能です。ニキビ跡は大きく3種類に分けられます。

・赤みが残るタイプ
・紫や茶色のシミが残るタイプ
・クレーター状の凸凹が残るタイプ

それぞれのニキビ跡に適した方法でケアしましょう。

赤みが残るタイプ

赤ニキビが落ち着き平らにはなったが赤みだけが残ったものです。

赤みが残ったタイプのニキビ跡にはビタミンC配合のスキンケア用品を使いましょう。
ビタミンCには皮脂の分泌やニキビの炎症を抑える効果があります。
特にC誘導体を配合したものは、肌への浸透性が高いためおススメです。ビタミンC配合の化粧水や美容液を使いケアしましょう。

紫や茶色のシミが残るタイプ

色素沈着してしまったニキビ跡は完治することはなかなか難しいです。しかしケアすることで薄くすることはできます。

赤みが残るタイプのものと同様にビタミンC配合のスキンケア用品を使いましょう。ビタミンC誘導体配合の化粧水、美容液がおススメです。

また、しっかりと肌のターンオーバーを行うために乳液やオイルを用いて保湿をすることも忘れず行いましょう。

♥ピーリングもおススメ♥
茶色いシミにはピーリングも効果的です。
茶色いシミとなると完治するのに2~3年かかる場合もあります。

ピーリングは古くなり剥がれずに肌に残ってしまった角質を落とすものです。そのため通常よりも早くシミを薄くすることができます。
ゴマージュやスクラブ、シートで拭き取るタイプ、ジェルやクリームなどの洗い流すタイプなどいろいろな種類があります。

あまり酸度の高いものを使ってしまうと、肌トラブルを引き起こすリスクが高まってしまいます。使用するのであれば酸度の高すぎないものを使いましょう。また使う頻度も週に1、2度程度にしておきましょう。やりすぎて肌を傷めないように注意してください。

化粧水

クレーター状の凸凹が残るタイプ

クレーター状の凸凹したニキビ跡はセルフケアだけでは改善することは難しいです。そのため皮膚科や美容皮膚科で治療を受けることをおススメします。

セルフケアよりも費用はかかってしまいますが、最新の治療であれば重度のクレーターニキビ跡も目立たない程度には回復すると言われています。

残ってしまったニキビ跡でずっと悩むのも辛いものです。専門医に一度相談してみるのも一つの手だとお考え下さい。

ニキビを繰り返さないための6つの方法

「治ってもまたすぐにニキビができてしまう・・・。」

どうして繰り返しニキビができてしまうのでしょうか?繰り返しニキビを作らないために行っておきたい6つの方法をご紹介します。

1)食生活の見直し

食事はニキビに大きく関係します。まずは食生活の見直しをしてみましょう。

食べすぎや脂質の多い食事をすると、胃に血液が集中します。
それにより肌細胞へ送られる血液が減り、肌のターンオーバーが乱れてしまいニキビを作りやすくしてしまいます。

また、脂質は白ニキビの大きな原因となります。脂っこいもの、脂質の多い肉類なども食べすぎないようにしましょう。

肌のターンオーバーを促すタンパク質を多く含むものを摂るようにしましょう。
肉であれば脂質の少ない鶏ささみ肉やヒレ肉を選びましょう。大豆食品、納豆、豆腐、卵などもタンパク質が豊富なのでおススメです。

また、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCなど)は肌の新陳代謝を促します。ビタミン類を多く含む野菜や海藻類も積極的に摂るようにしましょう。

2)スキンケア、洗顔の見直し

間違った洗顔やスキンケアも繰り返しニキビを作る原因となります。今一度洗顔方法やスキンケア方法を見直してみましょう。

肌に刺激をあたえる洗い方やスキンケア用品を使っていませんか?しっかりと保湿をしていますか?
肌に優しい洗顔とスキンケア用品、そしてしっかりと保湿するようにしましょう。

3)良質な睡眠

睡眠不足はカラダにストレスを与えてしまいます。ストレスを感じると男性ホルモンが多く分泌され皮脂が多く分泌される、角質が固くなり角栓が詰まるなどニキビができやすくなると言われています。

ただし睡眠もたくさん寝ればよいというものではありません。眠りはじめから3~4時間で肌の新陳代謝が活発になります。
肌の生まれ変わりをスムーズにするためにも、この時間帯にしっかりと眠ること、すなわち良質な睡眠をとることが大切です。

◆良質な睡眠をとるための方法◆
・1.寝る前にスマホを見ない
・2.入浴後1時間後くらいに寝ると良い
・3.寝る前に軽くストレッチをする
・4.温かいものを飲む(白湯やホットレモン水、ホットミルクなど)

「上手く眠れない・・・。」「良い睡眠がとれているのかわからない・・・」という人は↑の4つの方法を行ってみてください。

4)紫外線対策

紫外線はシミを作ってしまうだけではなく、繰り返しニキビができてしまう原因ともなります。

紫外線を浴びると肌を守るために角質が厚く硬くなります。角質が硬くなることで角栓が毛穴に詰まりやすくなります。
また、紫外線により肌のバリア機能が弱まると皮脂の過剰分泌も起こりえます。紫外線対策をしっかりと行いましょう。

日焼け止めは使わないほうが良いの?

「日焼け止めは肌に負担をかける、ニキビを作りやすくする」というイメージがありますね。
しかし夏場は特に紫外線が強いため日焼け止めを使うことは、肌を守るためにも必要です。肌に負担をかけない日焼け止めを選び使うようにしましょう。

◆日焼け止め選びのポイント◆
・オイルフリーのもの
・紫外線吸収剤が配合されていないもの
・無香料、無着色のもの

日焼け止めに配合されているオイルが肌へ酸化しニキビを作りやすくしてしまうことがあります。
また、香料や着色料は紫外線対策とは関係ない成分で肌に負担をかけてしまいます。
繰り返しニキビを作らないためにも、肌に負担をかけない日焼け止めを選びましょう。

5)ストレスを溜めない

ストレスが溜まるとホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンが多く分泌される場合があります。
男性ホルモンは皮脂の分泌を多くし、角質を硬くしてしまいます。そのためストレスによってニキビができてしまうことがあります。

現代社会、ストレスを感じないことは難しいですが、できるだけストレスを溜めないようにしましょう。

また、リラックスすると女性ホルモンが多く分泌されると言われています。
アロマを使う、音楽を聴く、リラックス効果のあるハーブティを飲むなど、自分に合うリラックス方法を用いてみてください。

6)触らない・こすらない

鼻をさわる癖のある人はできるだけ触らないように心がけましょう。
手には雑菌がついているため、鼻にさわると雑菌が移りニキビができやすくなります。

また、こするなど肌を刺激することで皮脂の分泌が過剰になる場合があります。
洗顔の時もタオルでゴシゴシ拭かないようにしましょう。鼻をかむ場合はできるだけ肌触りの良いティッシュペーパーを使うと良いでしょう。

鼻をかむ

赤ニキビと面疔(めんちょう)の違い

プクっと鼻の横にできた吹き出物。「赤ニキビができちゃった~!」と思っていても実はニキビではない可能性もあります。
実は赤ニキビではなく、ニキビによく似た疾患である「面疔(めんちょう)」の場合もあります。

ニキビと面疔ではケア方法が違います。間違ったケアでは面疔を悪化させてしまう場合もあります。
この機会に面疔についても原因と対策を知っておきましょう。

1)赤ニキビと面疔の違いって?

赤ニキビは毛穴にアクネ菌が侵入し炎症を起こしたものです。
それに対し面疔は黄色ブドウ球菌が毛穴に入り込み炎症を起こしたものです。原因となる菌に違いがあります。

また、赤ニキビは皮脂の分泌が関係しますが、面疔は皮脂の分泌は関係ありません。ひっかき傷からも感染する場合があります。特に鼻周辺は面疔ができやすいパーツとなっています。

2)悪化すると危険!?

面疔は皮膚の深部まで進行することもあります。
鼻や鼻周辺は薄い骨を隔てて脳へとつながっています。そのため、悪化すると場合によっては細菌が脳へと入り込み、髄膜炎や脳炎などを併発し、命の危険があるとも言われています。怖いですね((((;゚Д゚))))

3)面疔とニキビの見分け方

「面疔なのか?それともニキビなのか?」

触ってみて痛みがある場合は面疔の可能性が高いです。
赤ニキビも痛みを伴いますが、面疔は小さくても触るとかなりの痛みがあります。
また、赤みが全体に広がり、円錐状にプクっと盛り上がっている場合も面疔の可能性があります。

ニキビか面疔化の判断が難しい場合は、皮膚科を受診してください。

4)病院で治療を

面疔の場合、セルフケアでの改善は難しいです。悪化すると重病を引き起こす可能性もあるため、病院での治療が大切です。
現代では効果の高い抗生物質や薬剤があるため、適切な治療を受けることで早く治すことができます。
面疔の疑いがある場合は病院へ行くようにしましょう。

まとめ

白ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビ、それぞれできてしまう原因は違います。また対処法にも違いがあります。それぞれのニキビに合わせたケアを行いましょう。
また、繰り返しニキビを作らないためにも食生活や生活習慣を見直してみてください。

ニキビが繰り返しできなくなることで抱える悩みが一つ解消されることでしょう。ニキビに悩まされない、恥ずかしい思いをしない、笑顔いっぱいの生活を送ってくださいね。

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

本記事は、2017年12月4日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。