綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,863 記事

嫌なパチパチ君とは、バイバイ!静電気を防止する6つの方法

2015年11月6日更新 | 4,208 views | お気に入り 497

綺麗のトリセツ

パチパチ君よ、なぜやってくるんだ!?

寒い季節になると、やってくるパチパチ、皆さんよくご存じの静電気です。筆者も冬になると車のドアやコンビニの入り口なんか触るの嫌ですね~。あんまりビビりなので、素早く触って見て何にもなかったら普通に握ったりと、かなり恥ずかしいことをやっています。だって、とにかく痛いですからね、アレ。

パチパチ君ができるまで

私たちの身の回りのあらゆるものは原子でできていて、プラスとマイナスの要素を持っています。普段は仲良くしていて、バランス良く原子の中に収まっているのですが、こすり合わせたりすることによって、この電気が原子の外に出てきてしまいます。これが静電気なんです。・・・、と難しいことを聞いたところで、静電気が取れるわけでもないので、早速実践編として、静電気を防止する方法をご紹介しましょう。

静電気よさらば!

1.車から降りる時は車のボディをつかもう!

クルマに乗る

車に乗っている時、衣類とシートの間でかなりの摩擦が起きています。車から降りてドアを閉めようと思ったらパチッ!となった経験がある人も多いことでしょう。このような時は、シートからお尻が離れる瞬間に車のボディを触っていると良いです。ボディに放電されるので、静電気が溜まらず、パチパチ君も出てきません。

2.スカートやストッキングの静電気には、ハンドクリームで応急対策!

スカートがお尻や足にまとわりつくのって気持ちが悪いですよね。こんな時は、少量のハンドクリームを塗った手でスーッとスカートをなでると放電され、静電気は防ぐことができます。もちろん、静電気防止スプレーを振っておくのも効果があります。

3.衣類にも静電気が大好きな素材がある!

静電気が起きやすい衣類というと、フリースやアクリル、ポリエステルといった化学繊維が挙げられます。これらの衣類を避けて綿だのシルクだのばっかり着ていればば良いのですが、フリースなんて寒い冬の大定番ですからね。避けて通ることはできません。そこで先ほどのスカート同様、ハンドクリームでスーッとなでる方法もお勧めですし、ハンドクリームもない場合には少し湿った手でなでるのも効果的です。

4.髪の毛の静電気対策は、天然ブラシと霧吹きで!

プラスチック制のヘアブラシは静電気が起きやすいものです。髪の毛の静電気対策としては、まず天然素材(豚毛等)のヘアブラシを使用すること。更に、霧吹きを準備しておいて、朝出掛ける前にシュッと軽く頭に吹きかけるとよいです。髪の毛が傷んでいると静電気が起こる確率が上がるので、髪の毛のお手入れもやってみましょう。

5.人と手渡しで接触する際は、まずどこかで放電を目指そう!

imasia_12368598_M

上司に書類を渡そうと思ったら、パチっ!気になるあの人にプレゼントを渡そうと思ったらパチっ!同じように手が触れるのに何となく、イエ、全く異なるこれらの状況も、同じように静電気が発生している証拠です。このパチッ!を防ぐには、予め机や柱などに触れて放電しておきましょう。あくまでも自然に触れて放電できれば良いですが、少し不自然な触り方になっても、気にしないでおきましょう。

6.静電気防止グッズも活用しよう!

巷には、静電気を防止するグッズが数多く売られています。人気なのは、静電気防止ブレスレット。大体2000~3000円程度で販売されていて、色も素材も豊富です。そのほかでは、キーホルダータイプや、帯電防止シートなども。自分の職場や生活環境に合わせて選びましょう。

まとめ

静電気を喜んでいたのは、小学生まででした。筆者にとっての静電気とは、今では無駄に電気を発して痛い目にあうものでしかありません。この指先や髪の毛、体中の窮地(?)を救うためにお届けした方法。ぜひお試しあれ。

著者情報

綺麗のトリセツ編集部です。皆様のお役に立てるよう美容や健康に関するハウツーやトピックスを投稿してまいります!

本記事は、2015年11月6日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。