綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,863 記事

飲む美容液!出汁にこだわるビューティーレシピ

2015年11月17日更新 | 4,881 views | お気に入り 522

imasia_13998462_M

和食には欠かせない“出汁”

手作りは面倒・・と思われがですが、コツさえ覚えてしまえば実は簡単♪

手作りの出汁は、やさしい味わいがして格別な美味しさを楽しめるだけではなく、美容と健康にもとっても良いという嬉しいこと尽くめ。
ささっと作って冷蔵庫で保存して・・“毎日出汁生活”を楽しみましょう!

お出汁の種類

“昆布出汁”、“一番出汁”、“二番出汁”、そしてにぼしや干ししいたけの出汁などありますが、今日は一番簡単で作り置きでき、様々な料理に使える“昆布出汁”のお話です。

昆布水

imasia_2692843_M

昆布には中性脂肪を抑制したり、肌を守る効果があったり・・と美容と健康に良い要素がいっぱい含まれています。水に昆布を付けた昆布だしには、そんな嬉しい成分がたっぷり。

昆布出汁の作り方は“水出し”“湯出し”の2通り。

水で出した昆布出汁が、“昆布水”になります。

昆布水の作り方

~材料~
  • 水(高度の低い水)・・・1ℓ
  • 昆布・・・約15g(10g~好みによって調整)
~作り方~

1.昆布は表面に汚れがあったら、キッチンペーパーで軽くふきとる。
※注:昆布のうまみが落ちるため、水洗いはしない!

2.ピッチャーに昆布と水を入れる。冷蔵庫で1晩おく。
※注:室温には30分以上置かないのがベスト。ぬめりと臭みが出ます。

3.翌朝、昆布だけ取り出す。

取り出した昆布は煮物や塩昆布などに活用したり、細かく刻んでチャーハンやハンバーグの種にちょい足しすれば美味しさアップ!

昆布水の活用法は様々!

そのまま出汁として活用するのはもちろのこと、かつおぶしを加えて1番だしをとり味噌汁に。また旨み成分たっぷりなので、和食だけではなくカレーやシチューなど様々な料理に使えば、ぐ~んと味に深みが加わります。

暑い夏、冷蔵庫に冷やした昆布だしを喉が渇いたときに飲めば、天然ミネラルの力で熱中症の予防にもなりますよ♪

保存期間は冷蔵庫で5日間ほど。出来るだけ早めに使いきってくださいね。

出汁に最適な昆布の種類

ちなみに出汁に最適な昆布の種類は3つ。

  • 利尻昆布
  • 真昆布(山出し昆布)
  • 羅臼昆布

澄んだ色と味が特徴の“利尻昆布”、澄んだ味の中にも甘味が感じられる“真昆布(山出し昆布)”、色が黄身色がかった濃厚な味が特徴の“羅臼昆布”。
昆布により風味が全く違うので、自分好みの昆布を見つけて、“マイ昆布水”を楽しんでくださいね。

それでは、昆布水を使った今の季節にぴったりのレシピを1つご紹介です!

~おぼろ豆腐のとろとろ豆乳鍋スープ~

~材料~(4人分)
  • 昆布水・・・400cc
  • 豆乳・・・500cc
  • 酒・・・小さじ2
  • 白みそ・・・小さじ2
  • にんにく・・・1/2片
  • クレソン・・・2束
  • 豚肩ロース薄切り肉・しゃぶしゃぶ用・・・200g
  • おぼろ豆腐・・・1丁
  • こしょう(白でも黒でもOK)・・・適宜
~作り方~

1.クレソンは食べやすい長さに切る。にんにくは包丁の背でつぶす。

2.鍋に昆布水・豆乳・酒・白みそ・にんにくを入れて温める。
※注:沸騰させないように注意!

3.豆腐をスプーンですくい入れる。豚肉とクレソンを入れる。
  お好みでこしょうをふる。

味付けは、昆布の旨みと白みそ、そしてにんにくの風味のみ。
とろとろになったおぼろ豆腐がなんとも言えないおいしさです。

今回は豚肉とクレソンを組み合わせましたが、白菜や水菜等豆乳鍋に合いそうなお好きなお野菜を使って、色々とアレンジを楽しんでください。

“湯出し”の昆布だしの作り方

最後に昆布水を作っておくのを忘れてしまった時などに、ささっと作れる“湯出し”の昆布だしの作り方をご紹介です。
お湯で出した昆布出しの方が水で出したものよりもしっかりとしたお味になりますよ。

~材料~
  • 水(高度の低い水)・・・1ℓ
  • 昆布・・・約15g(10g~好みによって調整)
 ~作り方~

1.昆布は表面に汚れがあったら、キッチンペーパーで軽くふきとる。
※注:昆布のうまみが落ちるため、水洗いはしない!

2.なべに昆布と水を入れて、30分ほど置く。

3.弱火にかけ、沸騰直前に昆布を取り出す。

湯出しの昆布出しは、水出しのものよりも保存できる期間が短くなります。
2、3日のうちに使いきってくださいね。

著者情報

料理家・豆腐創作料理研究家

本記事は、2015年11月17日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。