綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,861 記事

ヒップレスキュー隊出動!意外に知らないふくらはぎを柔らかくしてお尻スイッチON!!

2016年1月22日更新 | 11,362 views | お気に入り 473

ヒップとふくらはぎ①

ヒップUPアーティストのタカシです。

今回のテーマはふくらはぎ。
ふくらはぎを柔らかくすると、お尻スイッチがONになるって知っていました?
これ本当なんです。お尻がきちんと使えている人はふくらはぎの筋肉は柔らかく、あまり発達していないのが特徴なんです!!
だからふくらはぎは柔らかい方がいいのです。

そしてふくらはぎが柔らかくなるといいことがたくさんあります。

①お尻が発達しやすくなります→美尻になりやすくなります。

②美脚になります→脚の末端への負担が減少し、脚が細くなります。

③足首の動きが良くなるので痩せやすくなります→お尻にもスイッチが入りやすくなり、歩幅や歩くスピードもアップするので痩せやすい身体になります。

という風に、ふくらはぎを緩めることで受ける恩恵は結構あります。
これは意外に知られていないことなのです。

特に日本人はおしりの筋肉にスイッチが入りにくく、脚の末端のふくらはぎ部分に負担がかかりやすく、発達しやすいのです。そのためにどんなアプローチをすればよいのかをこれからお話ししていきたいとおもいます。

ふくらはぎの固さを簡単チェックしてみよう!!

では実際に自分のふくらはぎが固いのかどうかチェックしてみましょう。

①ふくらはぎの内側真ん中部分を親指で、ぎゅーっと押すと痛い。

②足首のくるぶしとかかとの間の凹みを親指でぎゅーっと押すと痛い

③立ち姿勢で最大限のつま先立ちを10秒間行ってみてください。身体が前後にぐらつく。

このうちの1つでもあてはまるとふくらはぎが固くなっています。

でも大丈夫です。
ふくらはぎの筋肉の柔軟性はアップさせることが出来ます。

ふくらはぎ緩めエクササイズの実践

ではふくらはぎ緩めのメソッドをこれから紹介していきたいと思います。
今回紹介するのはセルフで出来る方法です。
出来るだけ効果を出すためにツールを使います。

用意するのはゴルフボール大の球2つ。
写真は木球なのですが、実際はゴルフボールやスーパーボール、何でも大丈夫です!!

用意するもの

ゴルフボール大(直径5センチくらい)の球を用意します。
手のひらに収まるようでしたら、少し大きさが違っても大丈夫!

木球やスーパーボール、ゴルフボールなどを出来れば2個用意。
なければ1個でも大丈夫。

ふくらはぎ緩めのメソッド①

ヒップとふくらはぎ③

手のひらとふくらはぎの間にボールをセットし、内側に押しながら、手のひらの中でボールを転がし上下に移動させていく。
そのとき痛みがあるところが固くなっている所なのでそこを集中的に行う。

30秒間×左右行う。

ふくらはぎ緩めのメソッド②

ヒップとふくらはぎ④

ふくらはぎの固さチェックでやった行ったふくらはぎ内側真ん中あたりに、ボールをセットし、その1点を集中して行う。
ボールを深く押し込んで行うと効果的。

30秒間×左右行う。

ふくらはぎ緩めのメソッド③

ヒップとふくらはぎ⑤

脚を伸ばした状態で、床にボールをおき、ふくらはぎの真ん中あたりにボールがあたるようにセット。
足首、指先を自分の方に曲げて、ボールを押しつぶすようにふくらはぎを前後に小さく動かします。

30秒×左右行う。

ふくらはぎ緩めのメソッド④

ヒップとふくらはぎ⑥

脛の前面の外側の部分(脛の骨の外側)にボールをセット。
足首からひざの間を転がしていきます。骨の上をゆっくりと転がしてみてください。

30秒×左右行う。

ふくらはぎ緩めのメソッド⑤

ヒップとふくらはぎ⑦

足首の内側のくるぶしとかかとの間の凹み部分にボールをセットし、その部分にボールを押し当て、手のひらでボールをころがします。

30秒×左右。

ふくらはぎ緩めのメソッド⑥

ヒップとふくらはぎ⑧

 足裏の凹み、土踏まず全体をボールで転がしていきます。
出来るだけボールをしっかり押しあてながら転がすことが大切です。

30秒×左右。

ふくらはぎ緩めのメソッド⑦

ヒップとふくらはぎ⑨

足裏の前足部、肉球部分全体をボールで転がしていきます。
親指の肉球から小指の肉球上を丁寧に転がしてあげてください。

30秒×左右。

最終的にどのくらいの柔軟性があればお尻スイッチがONになるの?

では実際にどのくらいふくらはぎが柔らかくなるとお尻にスイッチが入るのかというと、下記のチェックを参考に目標としてみてください。

ヒップとふくらはぎ⑩

①四つんばい姿勢で肩の真下に両手をつき、骨盤の下に膝をつきます。
足の幅はこぶし1個分にします。
(膝の間、足首の間)そしてつま先を立てた状態を作ります。

②お尻を持ち上げ、かかとを床にしっかりとつけます。
その後膝をしっかり伸ばします。
そのときに足のつま先が真っ直ぐ平行にキープ出来ていればふくらはぎの柔軟性はクリア出来ています。

ここを目指してくださいね。

まとめ

ヒップとふくらはぎ⑪

みなさんいかがでしたか。
ふくらはぎって思ったより固くなっていることに気づかれたかも多いのではないでしょうか。
知らない間に固くなり、リンパの流れも滞り、むくみの原因にもなります。普段から少しずつでいいので、柔らかくしてあげる事が大切です。
美脚も美尻のふくらはぎの柔軟性なくしては、なりたちません。
いつまでも素敵なスタイルを目指して進化していきましょう。

著者情報

ヒップUPアーティスト

本記事は、2016年1月22日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。