綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,859 記事

2016年春のトレンドコスメはコレ!プロが教える今春揃えたいコスメ

2016年4月6日更新 | 3,364 views | お気に入り 401

2016年春のトレンドコスメはコレ!プロが教える今春揃えたいコスメ

シーズンごとに、各メーカーこぞって新アイテムや新色を発売するので、何を買ったらいいかわからない!という人も多いのでは?
そんなとき、プロが実際使ってよかった!これはオススメ!というものを参考にしてみてはいかがでしょうか。
今回は、メイクアップアーティストである黒木絵里が、この春オススメのコスメをご紹介します。

ツヤ肌に仕上げる理想ファンデ

2015年に引き続き、トレンドである”ツヤ肌”。2016年春夏は、このツヤ肌を画期的に実現するアイテムが続々と登場しています。
その名も「クッションファンデーション」。コンパクトに入ったスポンジに、リキッド状のファンデーションがしみこませてあり、それをパフでとって肌にポンポンとスタンプのようにのせていきます。
今までのリキッドファンデーションとは違い、手を汚すことなく、手軽に使えることと、簡単にツヤ肌をつくることができるので、ツヤ肌推しの人はマストハブな逸品。
ファンデーションだけでなく、「クッションBB」や「クッションCC」なるものもあるので、よりナチュラルに仕上げたい人は、そちらもチェック!
そこで、筆者がオススメするクッションファンデーションはこちら。

ボビイブラウン / スキン ファンデーション クッション コンパクト SPF50(PA+++) ¥6,500(税抜)

※レフィルとコンパクトのセット価格

ボビイブラウン / スキン ファンデーション クッション コンパクト SPF50(PA+++) ¥6,500(税抜)

ヌード肌を提唱した元祖といってもよいボビイブラウン氏。彼女の製品づくりには、一切の妥協がありません。
今回、2016年3月18日にアジア限定で発売されたこの商品は、まさに理想のヌード肌を仕上げるのに最適なアイテムです。肌にのせると、するりとなじみ、わざとらしくない適度なツヤ感が、理想のナチュラルグロウにみせてくれます。
また、SPF50、PA+++というスペックを兼ね揃えているため、これからの時期には欠かせないアイテムになるはず。
持ち運びが便利なクッションファンデーションで、手を汚さずにいつでもメイク直しができ、常にメイクしたばかりの美しさを保てること間違いナシ!
ボビイブラウンのファンデーションは、”つくれない色はない”といっても過言ではないほど、豊富なカラーバリエーションを誇っています。ツヤのあるヌード肌をつくるには、自分の肌色に合ったファンデーションを使うことが大前提なのです。

濡れたような魅惑の目元をつくるアイシャドウ

濡れたような目元をつくるアイシャドウといえば、トレンドのアイグロスやクリームアイシャドウと思われがちですが、ちょっと待って!みなさんなじみのあるパウダータイプのアイシャドウでも、濡れたような質感はつくれるのです。
そんな魅惑的な目元をつくるには、アイテム選びが重要。
そこで、筆者がオススメするアイシャドウはこちら。

アディクション / アディクション ザ アイシャドウ 30 リゴレット ¥2,000(税抜)

アディクション / アディクション ザ アイシャドウ 30 リゴレット ¥2,000(税抜)

微細なパールが、濡れたような質感をもたらします。これが、粗めのラメやメタリックカラーだと、ナチュラル感が台無しに。しっとりとした質感で、肌に密着するアディクションのパウダーアイシャドウだからこそなせる技。

肌なじみのよい、イエローベージュ系をチョイスすることで、”色をまとう”というよりも、”ツヤをまとう”という言葉がピッタリなアイシャドウです。
オススメの使い方は、アイホールのふんわりとぼかすのがgood!
ペールカラーなので、範囲を広く入れすぎてしまうと、腫れぼったい印象になってしまいがちなので要注意ですよ。

ヘルシーな目元はペンシルアイライナーで

トレンドであるナチュラルグロウなメイクは、つくりこみ厳禁!そのため、ついつい力を入れがちのアイメイクも、肩の力を抜いたヘルシーさが重要です。リキッドアイライナーだと、どうしてもつくりこんだ感が見えがち。
そんなときは、ペンシルタイプのアイライナーでまつげの生え際をうめるように描くのがオススメです。しかも、チョイスする色は、ブラウン!肌なじみがよいので、「線」というよりも、目のフレームに適度なエッジをプラスするような感覚で、目元のメリハリをつけることができるでしょう。
そこで、筆者がオススメするペンシルアイライナーはこちら。

メイベリン ニューヨーク / アイステュディオ スリム アイライナー (ブラウン) ¥1,000(税抜)

メイベリン ニューヨーク / アイステュディオ スリム アイライナー (ブラウン)

プチプラアイテムの王様といっても過言ではない”メイベリン ニューヨーク”のアイテム。この「アイステュディオ スリム アイライナー」は、細いラインもぼかしも簡単にできるナチュラル仕上げには画期的なアイテム。
また、ブラウンカラーをチョイスすることで、より自然な仕上がりに。この時期、花粉症状で崩れがちなアイラインも、ウォータープルーフ仕様のこのアイテムで一気に解決!
削らずに使えるくり出し式のアイライナーなので、シャープナーいらず。
プチプラアイテムにもかかわらず、この高いクオリティは、リピ買い決定間違いナシ!

ツヤ肌を活かすクッションチーク

クッションファンデーションでつくったツヤのある肌を活かすために、チークもクッションタイプのものをチョイスすると相性抜群!
頬の高めの位置に入れる、”おフェロ”なチークは卒業して、自分の骨格に合ったチークの入れ方が、洗練された女性の美しさを表現します。
そこで、筆者がオススメするクッションチークはこちら。

ロレアル パリ / ルーセントマジック クッションブラッシュ ¥2,000(税抜)

04

バラエティショップでもよく見かける”ロレアル パリ”の商品。比較的求めやすい価格で店頭に並んでいることから、幅広い年齢層に支持されています。「ルーセントマジック クッションブラッシュ」は、リキッドがコンパクト状になって、今までのリキッドチークよりも使いやすい形状になっています。
今までのリキッドチークは、手の甲や頬に直接のせ、指で少しずつ叩き伸ばしてぼかしていましたが、初心者には少し使いづらいのが難点でした。しかし、クッションブラッシュは、コンパクトのなかのスポンジから、パフでチークを適量とり、そのまま頬にポンポンとのせていくだけ。
チークのついていないパフの部分でぼかせば、手を汚さずにツヤ感のあるチークを仕上げることが可能です。
入れ方のポイントは、横にボリュームが欲しい場合は横長に、シャープに見せたい場合は、頬骨に沿ったシャープな入れ方がオススメです。
なんどきでも、グラデーションは必須!一番濃く見せたい部分からパフを置き、外側へとぼかしていきましょう。

ナチュラルリップは美容液仕上げ

赤リップや青いグロスがピックアップされていますが、ここはあえての原点回帰!色みをのせるのではなく、ふっくらと自然なツヤのある唇がナチュラルビュティーを演出します。
唇に色みをのせようとおもえば、いくらでものせることはできますが、ナチュラルでヘルシーなのがトレンドにもかかわらず、つくりこんでしまっては本末転倒。もとの唇をナチュラルにボトムアップするのが、2016年春を制する大人女子です。
そこで、筆者がオススメするリップアイテムはこちら。

イヴ・サンローラン ボーテ / ルージュ ピュールクチュール ヴェルニ プランパー ¥4,300(税抜)

イヴ・サンローラン ボーテ / ルージュ ピュールクチュール ヴェルニ プランパー

高級感に満ち溢れた、イヴ・サンローランのグロス美容液です。スクワランオイルとヒアルロン酸配合で、潤いとハリはもちろん、優れたボリュームアップ効果が期待できます。ふっくらとした唇は、女性の美しさの象徴でもあるため、ナチュラルさを表現するには最適なアイテムだといえるでしょう。
オススメの使い方は、単品使いはもちろんのこと、口紅を使うシーンの下地としても◎!潤いが続くロングラスティングなので、デートのときにもオススメです。

いかがでしたでしょうか。

2016年のトレンドを意識したコスメアイテム選び。選択肢が多すぎて選ぶのにも困ってしまいますが、選ぶ時間も楽めることが女性の特権!
トレンドを上手に取り入れた、あなたらしいメイクに挑戦してみませんか?

著者情報

メイクアップアーティスト・美容ライター

本記事は、2016年4月6日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。