綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,861 記事

かかとの角質ケアの方法

2014年9月19日更新 | 3,083 views | お気に入り 555

むむ?かかとの角質が・・・

かかとガサガサは、どうしても年配の人のイメージが強くなります。また、お世辞にも美しいとはいえませんね。
かかと角質ケアはどうしたらいいのか?まとめてみました。

かかとの角質どうしたらいいの?

かかととはいえ、見た目にもよくないかかとは気になりますよね。素足の時期は尚更そう思いますし、パンストも伝線させてしまうかもしれません。
できれば、つるつるのかかとでいたいものです。
そんなかかとに悩むくらいなら、ケアをはじめましょう。
できる限り、かかとの角質の固さがそこまで固くないうちに開始することがコツ。あまりにかかとコチコチ状態になってしまったら、中々元にはもどりません。

 病気と同じで早期発見早期治療が大切なんですね!

自宅でかかとの角質ケア!

かかとの角質ケアが自宅でできればいいですよね!
お金と時間に余裕のある人は、フットケアを行っているサロンに行ってみるのもいいですが、毎日忙しく過ごしている女子にとってはなかなか時間が作れないことが多いようです。
そして、自宅でできる角質ケアの方法はたくさんあるんです。

かかと専用やすり

 かつては、かかとの角質ケアに軽石を使っている人が多かったようですが、どうしても刺激が強く、かなり酷い固さの角質でなければケアには適していなかったようです。
そこで登場したのが、かかと専用やすり。
ドラッグストアに売っているので、気軽に購入できます。お値段も1000円くらいと手ごろなのもうれしいですね。

ピーリング剤を使う

顔のくすみやシミしわなどに聞くピーリング剤、これをかかとに使う人もいます。そこまで角質がかたくなっていなければ有効な方法でしょう。

かかとパックを使う 

こちらもドラッグストアで購入可能な商品です。使用直後にかかとがつるつるになるのではなく、1週間ほど経つと効果が現れるというもの。
同時に、かかと専用の靴下も人気があります。

自分でかかとパックを作ってみる

最近は手作り化粧品なども多いですが、自分でかかと用のパックを作ることも可能です。もしかしたら、自宅にあるものでかかとパック作成が可能かもしれません。

準備するもの

サランラップ
オリーブオイル
はちみつ

かかとをきれいに洗って(できれば入浴後がベスト)、はちみつを少量かかとに塗ります。その上からオリーブオイルを塗って、足をラップで巻いた上に靴下を履くのみ。そのまま就寝すれば、翌朝にはしっとりかかとに変身です。

どうしてかかと角質ケアが大切なのか?

多くの人は、かかとがかちこちなのを見られたら嫌だ、サンダル姿がサマにならない・・・など、見た目の理由が主でかかと角質ケアを行います。
しかし、かかとの角質をそのままにしていると、水虫菌が付きやすくなります。水虫はかゆいし、痛いし、見た目も良くないですね。
水虫菌対策にもかかとの角質ケアは必要なようです。

著者情報

自分に素直に生きることをモットーにしています。

本記事は、2014年9月19日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。