綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,860 記事

恋愛してはいけないダメ男性と付き合ってしまう3つの理由とは?

2016年7月14日更新 | 4,786 views | お気に入り 421

「ダメ男をどうしても引き寄せてしまう」「浮気や借金グセのある人としか付き合ったことがない」。あなたがなかなか幸せを感じにくい相手とばかり、付き合っていませんか? 
もしそれを未然に防げるとしたら、どうすればいいのでしょうか。今日は、あなたが避けるべき男性の見極め方をお伝えいたします。

避けた方が良い男性たち

一言でダメ男といっても、色々な種類があるのだと思います。浮気・暴力・借金癖・嘘ばかり・夢みがち……。少なくとも、あなたが幸せを感じられないのであれば、それはダメ男になるのでしょう。
周りから見て明らかに「あ〜その人と付き合っちゃダメだって」という異性と付き合っている友人を見たことがありませんか?
それでも最初の頃は本人は幸せそうなので、無理に止めるわけにはいかないというのが実情だと思います。
しかし付き合ってしばらくすると、友人はまるで不幸のヒロインのような顔をしているでしょう。「どうしてこんな人とばかり付き合っちゃうんだろう」。そのセリフ何回も聞いたなぁと思いつつ、うんうんと相づちをあなたは打っているかもしれません(笑)
長期的に考えれば幸せになれないことが分かるのに、なぜ人は自分を不幸にしてしまうような異性と付き合うのか、そのメカニズムを説明します。

あなたを不幸にする男性に惹かれる理由

大きく分けて、以下の3つがダメ男に惹かれる理由となっています。

1. あなたが同じ特徴を持ってしまっている

コミュニティの最小単位はカップルですが、恋人同士というのは他の人間関係よりも濃密になります。そして、それほど仲良くなれる二人は非常に似通っていると言えます。
「えぇ!? でもあのカップルは正反対に見えるし……」とあなたは思うかもしれません。しかし、それはベクトルが反対に向いているだけで、重要視している価値観は同じだということです。持っている価値観そのものは、まったくもって同じなのです。
いわゆる引き寄せの法則は、この部分になってきます。もしこれまでの恋愛が同じパターンだと感じるならば、謙虚に自分の持っている価値観を見つめ直していきましょう。

2. これまで愛情をくれた男性と同じ条件を持っている

異性の親やそれまで非常に愛情を注いでくれた人物に似ている人に、あなたは心が惹かれるようになっています。これは先ほどの例と同じで、正反対の人にも惹かれるようになっています。
人間は意識の底で、父親や母親をとても大切に思っています。そして、その二人が持っている恋愛のパターンもまた、繰り返すようになっています。
ですので、自分の父親や愛情を注いでくれた人に似ているような人物であれば、あなたは付き合う可能性が非常に高くなるということです。

3. 「私が幸せにしなきゃ!」と思っている

これは実は、とても傲慢な考え方です。「私が幸せにしなきゃ!っていうのは、他人は幸福にする良い考え方なんじゃないの?」とあなたは思うかもしれません。しかし、あなたが幸せにすると考えている時点で、相手より上に自分がいると思っています。つまり、非常に上から目線なのです。
それは既に、恋人関係ではありません。パートナーシップというのは、もっとフラットな関係であることが健康的な条件です。もちろんすべての人間関係において、完璧に平等であるというのは難しいでしょう。しかし、「私が幸せにしなきゃ!」というのは、ある意味あなたが不幸になる道を自分で築いていると言えます。
自己肯定感を満たすために、相手を利用しているようなものです。そして、当然ながら相手は潜在意識の中であなたが自分を下に見ていることに気づいていますし、言葉の端々にそれは出ています。

見極めポイント

では次に、あなたがダメ男と付き合わないためにどうすれば良いのか?をお伝えしていきます。以下のようなポイントに気をつけていくことを、意識してみてください。これらのポイントは、浮気・暴力・借金癖・嘘ばかり・夢みがちなどの、すべての男性を見極めるのに役立ちます。

1. 自分を幸せにするのは自分と分かっているだろうか?

これはあなた自身にも言えることですが、幸せとは本来自分の内側から溢れてくるものです。他人から与えられる幸せというのはコントロールがきかなく、相手の気分次第になってしまいます。
恋人はあくまで自分の鏡。「俺を幸せにしてね!」なんていう男性は避けましょう。そして、あなたも「この人は私を幸せにしてくれるかも」とは思わないことです。あなたを幸せにするのは、あなただけなのです。親や他人に幸せにしてもらおうとするのは、大人になったあなたが考えることではありません。

2. 長期的に自分と向き合える覚悟が相手にあるだろうか?

このコラムを読んでいるあなたは恐らく、相手とは長く付き合っていきたいと考えていると思います。それであれば、男性にこれからのふたりのビジョンを聞いてみましょう。
「まだ分からないよ」と相手は言うかもしれません。その場合は、どのような価値観を持って自分と付き合っているのかを聞いてみましょう。「付き合うってどういうことだと思う?」など、質問をしてみるのです。「面倒臭いこと聞くなぁ」という反応があれば、それはあなたが付き合う相手ではありません。
じっくりと、お互いのパートナーシップに関する意見をシェアするのです。そして、そういうことができる相手を見つけていきましょう。

3. 相手は自分を本気で見てくれているだろうか?

直感で答えてください。相手は、あなたのことを0〜10のうちどれくらい本気で考えてくれていると思いますか? 
もし10でないのならば、それはなぜなのでしょうか? その答えに、あなたの今の恋愛が改善するヒントが隠れています。
「私のこと本当に好き?」と聞いてみても良いでしょう。反応は様々でしょうが、相手の気持ちを感じてみてください。あなたの嫌な部分も合わせて好きになってくれているのであれば、相手は本物です。

4. 自立と依存のバランスが取れているだろうか?

ダメな男性は依存的な人が多いものです。逆に、自立的すぎるのも考えものです。
あなたに対して適切な度合いで甘えたり、「任せろ!」と頼り甲斐のある男性であるならば、その人は大丈夫です。そして、そういった男性と付き合うためにはあなたもそうである必要があります。
もちろん自立と依存のバランスが完璧な人はいません。人間は常にバランスを崩しながら、前に進むものです。それが例え極端だとしても、最終的にあなたが健康的に恋愛ができる!と感じられる相手ならば良いでしょう。

あなたはどうする?

ここまで様々なことをお伝えしてきましたが、あなたはどう感じるでしょうか。いわゆるダメ男というのは、色々な要因が重なってあなたと付き合っています。
しかし原則としてはシンプルで、あなたがそういった人を寄せ付けない女性になれば良いのです。そして、断固としてダメ男とは付き合わない!というコミットメントがあれば良いのです。
ぜひ、あなたが本当に望む恋愛へと歩み出してください。

著者情報

才能・パートナーシップ・自分らしい生き方の専門家

本記事は、2016年7月14日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。