綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,857 記事

水中ウォーキングでバストアップ!方法と効果

2014年9月25日更新 | 4,883 views | お気に入り 584

水中ウォーキングはダイエットのためだけにあらず

効率的にダイエットをする方法としてお馴染みの水中ウォーキングですが、実はこれってバストアップにも効果的だということをご存知ですか?今日は、水中ウォーキングでバストアップ効果を得るためのポイントをご紹介します。

水中でバストアップ運動を行うメリット

負担ダウン↓で負荷アップ↑

これはウォーキングやエクササイズ全般に言えることですが、水中で行うことによって得られるメリットはたくさんあります。まず体重が多ければ多いほど、地上で行うエクササイズと比べて体への負担が減ります。浮力が働きますので、特に膝や腰が悪い人には、嬉しいメリットになります。体重は軽く感じられるのに、水圧があり、鍛えたい部分に負荷がかかりますので、効果アップが期待できます。さて、バストアップのエクササイズで考えてみましょう。これも同じことで、水中で胸を支える筋肉や両脇の筋肉を鍛えることによって、地上よりも体への負担が少なく、負荷をかけますので、効果がより実感しやすくなります。

むくみも改善される

水中ウォーキングだと、体全体に水圧が適度にかかり、むくみが一気に解消できます。血流もよくなりますので、肩周りがすっきり。肩こりも改善され、デコルテ、背中もすっきりします。

水中でのバストアップエクササイズ

水中ウォーキングの定番は、ウォーキングだけに、腕を前後に振るものですが、バストアップのためには、手の動きにちょっと変化を加えてみましょう。

水を挟む

まず、足元は、普通にウォーキングをします。その動きに合わせて、両手を左右に大きく、肩の高さに広げます。水を挟むようなイメージで腕を伸ばしたまま、胸の前で両手を合わせます。水の上でなく、水の中、というのがポイント。水圧で、特別な事はなんにもしなくても、腕に負荷がかかり、胸の筋肉が鍛えられます。

肩をグルグルグルグル、伸ばしてグルグルグルグル

バストアップには、デコルテや胸の筋肉も大事ですが、猫背や肩こりも大敵です。そこで、歩きながら、腕をグルグルすることによってこれらを解消しましょう。その際、バストアップポイントとしては、腕を伸ばして肩の根元からグルグルするということ。前から後ろに、後ろから前に水中では水かきをしますので、体が柔らかくなる他にも、コリやむくみの解消、二の腕(振袖)の解消で、上半身のラインがより美しくなってしまいます(笑)。

腕を伸ばして行う際は、周りの方の迷惑にならないように気をつけましょう。
番外編:犬かき(クマかき)

番外編は、水中ウォーキングとちょっと離れてしまいますが、犬かき(もしくは写真のようにクマかき)というのはどうでしょうか?足をつかないように、顔だけ水面に出して、足と手をバタバタさせる動きです。こんな姿勢や動きは、日常生活では(多分)ほとんどすることはないと思いますが、非日常なだけに、普段使わない筋肉を使いますし、首を伸ばすことで、い~い感じのストレッチがデコルテ部分にかかります。人目が多い時は、迷惑&恥ずかしいので、プールに人が少ない時、やってみてくださいね。犬やクマの水遊びの楽しさが分かるかも!?

著者情報

心と身体を鍛える空手の魅力にはまりそうな今日この頃です。

本記事は、2014年9月25日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。