綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,863 記事

インナーケアが美肌作る!日頃からできるお肌にいいこと

2014年8月20日更新 | 4,741 views | お気に入り 24

インナーケアで美肌を作る

インナーケアとは

肌のコンディションを保つためには、紫外線や乾燥から肌を守るためのスキンケアをしっかりと行うことが大切ですね。しかし、本当の美肌を手に入れるためには、スキンケアだけでなく体の内側からのケア、すなわちインナーケアが重要なポイントとなります。

インナーケアとは何らかの方法で体の中からアプローチし、肌の新陳代謝を促進したり、ホルモンバランスを整えたりする方法です。インナーケアを行うことで、体調も良くなることでしょう。そして相乗効果として、肌の調子が良くなります。また、スキンケアの効果もグンと上がります。「いろいろなスキンケアを試してみたけど効果がない・・・」「どんどん肌の調子が悪くなる」という人は体の中からのアプローチが足りていないのかもしれません。諦める前にまずはインナーケアを取り入れてみましょう。

美肌になれるインナーケア

腸を整える

女性に多く見られる便秘。便秘が続くと肌のコンディションも悪くなりますよね。便秘になると、栄養が吸収しづらくなります。どんなに美肌に良いとされるものを食べても、吸収されなければ美肌を作ることが出来ません。さらに、ずっと排せつされずに腸に残ったままの便は、悪玉菌により腐敗し、毒素を出すようになります。その毒素が血液とともに体内を回ると、嫌なニオイを発するだけでなく、吹き出物や肌荒れの原因となってしまうのです。便秘がちの人はまずは、腸を整えるインナーケアから始めましょう。

発酵食品を食べよう

腸を整える食べ物といえば「発酵食品」ですね。ヨーグルトや乳酸菌ドリンクも効果的ですが、キムチやぬか漬けなども積極的に食べると良いでしょう。発酵食品と一緒に摂り入れたいのが「オリゴ糖」です。オリゴ糖は腸内の善玉菌のエサとなります。エサがいっぱいあれば、善玉菌も元気に活動し、腸内で増えます。発酵食品+オリゴ糖で腸内をスッキリさせましょう。

体を冷やさない

体が冷えると、内臓の動きが鈍り、便秘になりやすくなったり、血流が悪くなることで、肌の隅々まで栄養がしっかりと行き渡らなくなったりします。その結果、しみやシワ、くすみといった色々な肌トラブルが起きます。また、女性ホルモンのバランスも乱れ、コラーゲンを生成するために必要なホルモンが分泌しにくくなり、肌の乾燥を招いてしまうことになります。夏場はクーラーに当たりすぎないようにしましょう。

毎日入浴する

暑かったり、忙しかったりするとついシャワーで済ませてしまいがちですが、出来るだけ毎日お風呂に入るようにしましょう。ぬるめのお湯でゆっくりと湯船につかるのが大切です。入浴にはストレス解消効果もあるので、ストレス性の肌荒れにも効果があります。アロマや良い香りの入浴剤を使うとリラックス効果もアップします。

インナーケアは、美肌効果だけでなく体調も整えてくれます。体の不調も治るとなれば一石二鳥ですね。ただし、「絶対やらなきゃっ!」と意気込み過ぎるとストレスとなり、逆効果になってしまうので、ゆったりとした気持ちで楽しく行うようにしてくださいね。

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

本記事は、2014年8月20日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。