綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,857 記事

おっぱいが大きくなるには女性ホルモンが重要だった!

2014年9月26日更新 | 17,622 views | お気に入り 479

バストアップと女性ホルモンの関係

バストアップしたい!という方の殆どは、バストアップ用のマッサージクリームや下着、サプリ等を探します。
果たしてそれで、おっぱいは育つのでしょうか?

おっぱいが大きくなるには、おっぱいが張るという過程があります。おっぱいが張るのは、女性ホルモンの働きからです。
女性ホルモンの力を知らずしておっぱいは大きくならないのです!

自分の女性ホルモンのバランスを知る方法は、基礎体温以外にありません。
今は口に咥えるだけで、基礎体温をグラフにしてくれる体温計もあるので、手軽に調べることができますね。

自分のホルモンバランスを知ろう!

基礎体温を測り、自分の体温を把握する

まず、これがバストアップ成功への、第一歩です。

普通、女性は低温期があり排卵が来て、高温期になりそこで受精しなかったら体温が下がって生理が来ます。女性ホルモンのバランスが整っていると、基礎体温は2層に別れます。自分の基礎体温がきちんと2層に別れているのか?
低温期、高温期の体温を把握しましょう。

また、基礎体温を測って女性ホルモンのバランスを把握すると共に大事なのは、低温期の体温が36度を越えているかどうか?

理想は低温期が36.3~36.5℃高温期が36.7~37℃

「バストアップ=血流が良い事」が大切。低体温では結果が出にくいのです。

体温を上げるためには何をすればいいか?

まずはお風呂に浸かること!
膝から下、肩甲骨の血流を上げることが大事です。

また、朝ご飯にお米を食べる事も効果的です。
それと同時に、代謝を良くする食品を意識的に食べましょう。

代謝を上げる食品とは?

一番のお勧めは赤身の肉を食べること。
赤身のお肉や魚は血となり肉となりエネルギーになる最短の食材です。

私は27年間肉を食べなかった人でした。
体温が35度しかなかったのはそのせいだったのです。代謝を上げる食材を取り入れることで、私は体温を上げました。

35度台の体温は、がん細胞を一番活発にする体温とも言われています。
自分の体を守る為にも基礎体温を測って、自分の体温を把握して、女性ホルモンのバランスを整えて綺麗なお胸を作るための体の土台を作りましょう。

バストアップに欠かせない女性ホルモンについて

女性の体内では「エストロゲン」という女性ホルモンと、「プロゲステロン」という女性ホルモンが、バランスよく分泌されています。この2つのホルモンはどのようなものでしょう?

「エストロゲン」

母体を守る働きがあり、 様々な面で全身にわたる保護作用が働き 女性の健康のカギを握っています。 肌や髪にツヤを持たせ、バストにハリを持たせ、骨を丈夫にするなどの働きをします。
また、女性生殖器の発育を促進させる働きがあります。思春期には乳腺を発達させ、骨盤の発達など女性的な骨格をつくります。
バストを大きくしたり、女性らしい体を作ったり、肌の新陳代謝の促進をする働きをするのが「エストロゲン」なのです。

「プロゲステロン」

一方、「プロゲステロン」は妊娠の準備をするために子宮内膜をふかふかにして、妊娠した場合にはそれを維持する働きがあります。

2つのホルモンのバランスと身体について

 この2つの女性ホルモンのバランスが生理周期で変わることにより、エストロゲン優位期には心も体も快調で、肌の調子も良く、気分も安定してイキイキしています。 プロゲステロン優位期は、ボッーとして、水分や血行が滞り、肌荒れ、腹痛、肩こり、便秘などの不調が出やすくなります。
しかし、ストレスや過度なダイエット、不規則な生活などにより、この2つのホルモンバランスが崩れてしまうことがあります。そうなると、生理不順や無月経になったり、肌や髪・骨などに影響が出てきてしまいます。

胸が張らないというのは、このエストロゲンの分泌が少ないと考えられています。特に授乳後、胸が張らなくなった女性が多く見受けられます。

胸は張らないと大きくなりません!

お胸を大きくするには、エストロゲンの分泌を良くし、乳腺を発達させることが重要

エストロゲンの分泌を良くするには?

  • ローズのアロマ を嗅覚に作用させる  
  • 大豆製品を摂取する
  • プラセンタでホルモン分泌をアップ
  • ドキドキしたり、ワクワクしたり恋愛ホルモンを分泌する
  • 視線を感じる

これらの方法を駆使し、まずはホルモンバランスを整えることで、胸を張るという感覚を取り戻しましょう。

 

著者情報

日本初育乳カウンセラー・ (株)CECIL代表取締役・ 一般社団法人日本ウィメンズ協会 代表理事・ (株)セシルクリエイティブ顧問・ (株)office 樹 取締役

本記事は、2014年9月26日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。