綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,643 記事

すぐに試したくなる!インスタ映えする簡単テーブルコーデ!

2017年10月11日更新 | 2,431 views | お気に入り 33

インスタ映えする写真が撮りたいけど、どうしたらいいのかわからない…。
なんてこと、ありませんか。

日常の一コマをスタイリッシュに切り取るには、ちょっとしたコツがあります。野菜や花でテーブルに彩りを添えたり、色味やアングルを工夫したりするだけで、洗練された仕上がりになるんです!

今回は「いいね」がたくさんもらえる、テーブルコーデと写真撮影のコツをご紹介します。

1.「人」「暮らし」を感じさせるシーンを演出する 

乾杯写真

おいしそうな食べ物や綺麗な花を撮るのも良いですが、もっと簡単に雰囲気を出す方法があります。

それは、人や暮らしを感じさせる一枚にすること。

たとえば、上の写真のように乾杯シーンを演出すれば、単純にワインと料理を撮影するよりも動きが出て魅力的に見えます。湯気のたったコーヒーを注ぐ様子、焼き立てのスコーンに子どもが手を伸ばす瞬間など、「モノ」と「ヒト」を上手に組み合わせてコーディネートしてみるのがおすすめです。

2.インスタ映えするコーディネート

おしゃれな小物の使い方

色使い

テーブルに使う色は、あまりたくさん使わず、3色以内でおさめるとコーディネートしやすいです。シンプルな2色使いのモノトーンコーデは、シックで高級感があるので、ハードルが高そうに思われがちですが、初心者でも簡単にトライすることが出来ます。

ランチョンマット

いつものお皿にランチョンマットを敷くだけで、雰囲気が変わります。ランチョンマットを使う場合、見栄えよくするために面倒でも、アイロンをかけて使うことをお勧めします。

華やかなアイテム

テーブルコーデにはが華やかに演出するアイテムが必須です。小さな花瓶に花を飾る、かさねたお皿の上にフルーツやお野菜をのせるだけでも、絵ハガキのような見栄えになります。料理の盛り付けには、ミントやローズマリーなどのハーブを添えるなど、ちょっとしたエッセンスを加えるだけでおしゃれなイメージになります。

写真の撮り方

ズームUPする

テーブルの上のすべてを撮ろうとすると、なにを伝えたいのかわからない写真になってしまいがちです。
「このケーキが美味しかった!」
「テーブルにアレンジされたお花が素敵だった!」
など、一番伝えたい部分をズームしたほうが、見る側の印象にのこります。

 真上からのアングルとコーデ

全体がわかるように真上から撮影することで、日常と違った雰囲気になります。とくに平たい盛りつけをしたコーディネート、パーティーシーンを撮るときに効果的です。テーブルにグリーンやドライフラワーなどをアレンジすると、おしゃれ度もUPします。

※真上から撮るときの注意点として、自身の影や余計なものが写り込んでいないか意識すること。

色味を補正して美味しそうな雰囲気に

 画像1

画像 2

一般的に料理が入った写真は、暖色系のあたたかみのある色味の方が美味しそうに見えます。

「画像1」は曇りの時に撮った写真で、「画像2」はホワイトバランスを「曇りモード」にして撮ったものです。写真を撮る段階でカメラモードに気をつけて撮影すると、後で加工しなくても良いので便利です。

キャンドル効果で大人時間を表現

キャンドルを使うと光の演出でカッコいい大人時間を表現できます。

この画像の場合は、キャンドルを置いた手前にワインの入ったグラスを置き、より印象的な雰囲気にしています。普段よりも暗めに撮影するには、カメラの露光の設定をマイナスにすると良いです。モノクロに設定してアート風に撮るのもオススメです。

まとめ

「すぐに試したくなる!インスタ映えする簡単テーブルコーデ!」いかがでしたか?

テーブルをスタイリングするだけでなく、撮り方も意識することで、より素敵な写真になります。慣れてくると短時間でできるようになるので、気軽に楽しんでみてはいかがでしょう。

著者情報

プレシャスライフ・クリエイター

本記事は、2017年10月11日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。