綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,878 記事

ゆず胡椒の人気は継続中!意外に知らないゆず胡椒の正体

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

2017年10月6日更新 | 2,000 views | お気に入り 4

今では全国のスーパーで買えるゆず胡椒。
実は、九州の名産の調味料なのです。

そしてゆず胡椒には一般的に知られている胡椒は入っていない!?

意外に知られていないゆず胡椒の正体について調べてみました!
相性の良い料理や使い方もご紹介します。
上手く使って料理上手女子になりましょう!

目次

ゆず胡椒とは?

ゆず胡椒とはどのような調味料なのでしょうか?あまり知られていないその正体を紹介します。

ゆず胡椒の発祥

全国的に取り扱うスーパーなども増え、現在ではメジャーな調味料となったゆず胡椒。
実は九州では昔から親しまれてきました。

発祥は大分県または福岡県とも言われています。発祥地については諸説ありますが、どうやら大分県が有力のようです。

大分県の津江地域では柚子の栽培が盛んなため、昔から家庭でゆず胡椒が作られていたと言われています。

歴史は浅い?

昔から使われてきたと言っても、何百年も前ではなく数十年昔に作られ始めたものだと言われています。
何百年も前から作られていた醤油や味噌に比べれば、調味料の歴史としては浅いと言えるかもしれません。

発祥地は大分県という説が有力ではありますが、明確には分かっていないため、その歴史もしっかりと知ることはできないようです。

胡椒は入っていない!?

ゆず胡椒という名称ですが、実は・・・

「胡椒は入っていません!!」 

一般的に私たちが知る胡椒(ペッパー)は実はゆず胡椒には入っていないのです。

ゆず胡椒は柚子の皮を細かく刻んだものに、唐辛子と塩を合わせた調味料です。
「ではなぜゆず胡椒?」という名称なのかというと、九州地方の一部では古くから唐辛子の事を「こしょう」と呼んでいたため、唐辛子を使ったこの調味料のことをゆず胡椒と呼ぶようになったとされています。

胡椒が入っていないという事実は意外と知らなかったという人も多いと思います。私も数年前までは全く知りませんでした・・・(´・ω・`)

ゆず胡椒の原料

「胡椒が入っていないのなら、何が入っているの?」

胡椒が入っていないゆず胡椒。それでは原料には何が使われているのでしょうか?その内容は至ってシンプル。
ゆず胡椒の原材料はこの3つ

・青柚子
・青唐辛子
・塩

基本的には完全に熟す前の青柚子と青唐辛子を使用しますが、代わりに黄柚子や赤唐辛子で作ることもできます。

黄柚子を使うことで柚子の香りは一層豊かになります。また赤唐辛子を使うことで辛さが増します。
そのため、ゆず胡椒を手作りする家庭では好みによって柚子や唐辛子を変えているようです。

このシンプルな3つの材料だけで、風味と香り豊かなゆず胡椒を作ることができます。

ゆず胡椒の使い方

「ゆず胡椒ってどうやって使うの?」
「使い方が分からない・・・。」

ゆず胡椒って何に使っていますか?
意外と使い道が分からず、冷蔵庫に入れっぱなしという人も多いのではないでしょうか?
ゆず胡椒は使い道がたくさんあります。どんどん使っていきましょう!

水炊き

ゆず胡椒の定番の使い方と言えばお鍋の薬味ですね。
ポン酢に少しゆず胡椒を加えるだけでゆずの爽やかな風味、青唐辛子のピリッとした辛さが味わえます。 

水炊き以外にもしゃぶしゃぶ鍋の薬味にもピッタリです。

そうめん

そうめんの薬味と言えばショウガやワサビが定番ですね。
これらの代わりにゆず胡椒を使ってもOKです。夏の定番料理であるそうめん、ゆずの爽やかさとピリッとした辛さによって食欲増進効果が期待できます。
夏バテで食欲がない時、ゆず胡椒を効かせたそうめんで食欲をアップしましょう!

うどん

うどんには七味唐辛子が合いますね。その七味唐辛子の代わりにゆず胡椒を使うのも美味しいです。

うどんにゆず胡椒を合わせるのは九州地方では定番となっています。
九州のうどん屋さんのほとんどはゆず胡椒を備えています。温かいうどん、冷たいうどんどちらにも合いますよ。

ざる蕎麦

ざる蕎麦の薬味と言えばわさび。そのわさびの代わりにゆず胡椒を使ってみましょう。

わさびよりも固形のため、少し溶けにくいです。そばつゆに溶く時にはそばちょこの淵でこすりながら溶きましょう。

いっぺんにたくさん入れてしまうとかなり辛くなってしまうので、少しずつ調整しながら加えると良いですよ。

ゆず胡椒マヨネーズ

意外な組み合わせかもしれませんが、ゆず胡椒はマヨネーズとの相性もGOOD!
明太マヨやからしマヨのように、マヨネーズと混ぜるだけでOKです。マヨネーズのコクの中にゆず胡椒のスパイシーさが加わります。これが意外と美味しくてハマります♪

フライドポテトやベイクドポテト、パンに塗ってゆず胡椒マヨトーストなど、いろいろな料理に使えます。
いつものマヨネーズとは違った味を楽しんでください。

天ぷらの天つゆ

こちらも古くからゆず胡椒に親しんできた九州地方では定番の使い方となっています。
天つゆには大根おろしや紅葉おろしが定番ですが、その代わりにゆず胡椒を合わせてみましょう。

天つゆに使う場合のポイントが一つあります。それが・・・

「天つゆは温めること!」

です。天ぷらは温かいので合わせる天つゆも温かいほうが美味しいです。
さらに、温かい天つゆにゆず胡椒を加えると、ゆず胡椒の香りが引き立ちます。

普通に天ぷらを食べる時も、できれば天つゆも温かい状態にしましょう。
いつもの天ぷらがさらに美味しくなりますよ。

ステーキ

ステーキソースの代わりにシンプルにゆず胡椒で食べましょう。ゆずの風味がステーキの脂をスッキリさせてくれます。

また、ゆず胡椒には食欲増進作用のある唐辛子が入っています。
そのため食欲がアップしモリモリ美味しくステーキを食べることができます。
スタミナをつけたい時、お肉をたっぷり食べたい時にゆず胡椒はおススメです。

刺身

シンプルな使い方ですが、意外と試したことがないという人が多いのが「刺身に合わせる」というものですね。
お刺身と言えばワサビが定番ですが、ゆず胡椒も実は合うんです。わさびの代わりにゆず胡椒をつけて食べましょう。

ただしわさびと同じくらいの量を使ってしまうと辛くてしょっぱくなってしまいます。
耳かき1~2杯程度で十分の量となります。使いすぎないように気をつけましょうね。

ドレッシング

市販されているドレッシング。たくさんの種類がありますよね。
どれも美味しそうでついついいろんな種類のドレッシングを買ってしまいますね。
私も冷蔵庫にはたくさんのドレッシングが入っています・・・(´・ω・`)。
ドレッシングにゆず胡椒を合わせることで、味の変化が生まれます。

基本的には和・洋・中どのタイプのドレッシングでもOK!家にあるドレッシングにゆず胡椒を溶かして使いましょう。
いつものドレッシングが新しく生まれ変わりますよ♪

ポン酢

家にあるポン酢にゆず胡椒を溶かすだけでOK!
ゆず胡椒ポン酢の出来上がりです。お鍋のタレやドレッシング代わり、ステーキやハンバーグのソースなどいろいろ使えます。

賞味期限以内にゆず胡椒が使いきれない・・・といった時におススメですよ。

お味噌汁

意外な使い方かもしれませんが、お味噌汁にゆず胡椒を入れるのもアリです。味噌とゆずは相性がとても良いです。
フワッと漂うゆずの香りを楽しむことができます。味にもピリッとアクセントが加わります。

どの味噌でも良いですが、白みそとの相性がとても良いです。
白みそのお味噌汁にはぜひゆず胡椒を合わせてみてください。

ゆず胡椒はこんなにもいろいろな使い道があります。冷蔵庫で余らせてしまうなんてもったいないです。
「賞味期限が切れてしまった!!」となる前にいろいろな料理に使いましょう!

ゆず胡椒の作り方

最近は全国どこのスーパーでもゆず胡椒は扱っていますね。
そのため、すぐに手に入れることができます。

もちろん市販のゆず胡椒も美味しいです。しかし思い切って手作りしてしまう!というのも可能です。

ゆず胡椒の材料は柚子、青唐辛子、塩の3つだけです。これらの材料もスーパーなどですぐに手に入れることができます。

ゆず胡椒を手作りすることで以下のメリットがあります。

◆手作りゆず胡椒のメリット◆
・ゆずの香りが強い
・好みの辛さ、塩加減に調整できる
・添加物なし

新鮮なゆずを使用するため、ゆずの香りが強くなります。
市販されているゆず胡椒は残念ながらゆずの香りが弱いです。食べると風味がわかる程度かと思われます。
それと違いしっかりとゆずの香りを感じられるのが手作りゆず胡椒です。

また、唐辛子や塩の量を調整することで、辛さやしょっぱさを自分好みのものにすることができます。
辛さがもっと欲しい場合は唐辛子を多めに使いましょう。また、塩分をカットしたい場合は塩を減らすと良いでしょう。

市販されているゆず胡椒には、品質保持と味の調整のために添加物が入っている場合があります。
カラダに摂り入れるものですから、できれば添加物は入っていないものが良いですね。
自家製ならば添加物ゼロの安全なゆず胡椒を作ることができます。

ゆず胡椒の作り方

ではゆず胡椒の作り方を紹介します。

材料
・青柚子・・・5~6個
・青唐辛子・・・50g
・塩・・・20g
作る際に唐辛子が目に入らないよう、メガネやマスクを用意すると良いですよ。
また、唐辛子を触った際にヒリヒリしないように、ビニール手袋などをして直接唐辛子に触れないようにすると良いでしょう。
作り方

①青柚子の皮を剥きます。
※白い綿の部分には苦みがあります。入らないように薄めに皮を剥くと良いですよ。

②2~3個分の柚子の果汁を絞っておきましょう。
※種は固いので必ず取り除いてください。

③青唐辛子は種を取り除いた後にざく切りにします。

④青柚子、果汁、青唐辛子、塩をミキサーに入れ撹拌します。

⑤煮沸消毒などでしっかり殺菌した容器に入れ、冷蔵庫で保存しましょう。

作りたてのものも食べられますが、少し青臭いかもしれません。
作ったゆず胡椒は3日ほどで発酵が始まります。1週間ほどでしっかりと発酵し青臭さのない、まろやかで風味豊かなゆず胡椒になります。
すぐに食べるのではなく、少し寝かせたほうがおススメですよ♪

ミキサーがない場合は?

ミキサーやフードプロセッサーがない場合はすり鉢で作りましょう。

ゆずの皮と青唐辛子を細かくみじん切りにした後、すり鉢に入れすり潰します。
食感が残る程度にすり潰した後、塩、果汁を入れて混ぜ合わせればOKです。容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。

青唐辛子ではなく赤唐辛子を使っても良いですよ。基本的には赤唐辛子を使う場合、黄柚子を使います。
こちらも分量は同じです。ぜひ試してみて青唐辛子バージョンとの違いを楽しんでくださいね♪ 

手作りゆず胡椒で残った果肉の活用法

ゆず胡椒を手作りする際、残ってしまうのが果肉です。皮を剥いて残った果肉も捨ててしまうのはもったいないですね。
余すことなく使っちゃいましょう♪

ゆずポン酢

材料
・残った柚子・・・全部
・めんつゆ(3倍濃縮)・・・50㎖
・水・・・75㎖
作り方

①柚子の果汁を絞ります。
※雑菌が果汁につかないようにビニール手袋などをして絞るようにしましょう。

②めんつゆ、水を鍋に入れ一度沸騰させた後、しっかりと冷まします。

③果汁と②を合わせたら完成です。
※沸騰させなくても基本的にはOKですが、火を入れたほうが日持ちします。

ホット柚子ドリンク

材料
・残った柚子・・・1個分
・お湯・・・200㎖
・ショウガ ・・・適量
・はちみつ・・・適量
作り方

①残った柚子の果汁を絞ります。

②全ての材料をカップに入れてスプーンで混ぜれば完成です。

ショウガを使っているので体がポカポカ温まります。暑い季節にはお湯ではなく冷水でコールドドリンクにしても良いですね。

ゆず風味マリネ

材料
・黄パプリカ・・・1/2個
・かぶ・・・1~2個
・ミニトマト・・・6個
・アスパラ・・・3本
★エクストラバージンオイル・・・大さじ2
★塩・・・小さじ1
★砂糖・・・小さじ2
★残った柚子(果汁を絞る)・・・全部
作り方

①パプリカとかぶは薄切りに、アスパラは10㎝くらいにカットします。

②①を耐熱皿に入れ1分ほど加熱します。

③ミニトマトは爪楊枝などで数か所穴をあけておきましょう。

④★の材料を混ぜてマリネ液を作ります。

⑤④に野菜を入れて冷蔵庫で30分~1時間ほど置いたら完成です。

好みでハムやスモークサーモン、茹でたキノコ類などを加えても良いですよ。お好きな具材でアレンジしてください。

柚子の果汁は香りも良く爽やかな酸っぱさが魅力です。余すことなく使いましょう! 

ゆず胡椒を使ったレシピ

薬味として使われることが多いゆず胡椒。もちろん主役食材を引き立ててくれる名脇役です。
しかし、薬味として使うだけではもったいない!!
ゆず胡椒の美味しさを知ってもらうために、ゆず胡椒の香りと味を活かしたレシピを紹介します。

ゆず胡椒ピラフ

材料~4人分~
米・・・2合
シーフードミックス・・・200g
玉ねぎ・・・1/2個
パプリカ(赤または黄どちらでも)・・・1/2個
バター・・・大さじ1
粉末コンソメ・・・大さじ1
塩、胡椒・・・適量
ゆず胡椒・・・小さじ2
作り方

①お米は洗ってざるにあげておきましょう。

②玉ねぎ、パプリカは粗目のみじん切りにカット。

③フライパンにバターを入れ、玉ねぎとパプリカを炒めます。

④③にシーフードミックスと米を入れ、さらに炒めましょう。
※お米が透明になるまで炒めます。

⑤炊飯器に④を入れ、2合分の水(360cc)と粉末コンソメ、塩コショウ、ゆず胡椒を加えて軽く混ぜます。

⑥炊飯器でいつも通りに炊き、蒸らしたら完成です。

※炊飯器の種類によって炊き時間に違いがあります。「炊き込みご飯モード」がある場合はそちらを使ってください。

ゆずの爽やかな香りと、少しピリッとスパイスが効いたピラフです。好みによってゆず胡椒の量は調整してください。
※ゆず胡椒を増やす場合は、塩の量を減らすようにしましょう。

豚肉のゆず胡椒焼き

材料~4人分~
豚肉(生姜焼き用)・・・12枚
玉ねぎ・・・1個
★醤油・・・大さじ3
★料理酒・・・大さじ3
★みりん・・・大さじ3
★ゆず胡椒・・・小さじ1
食用油・・・大さじ1~2
作り方

①ボールに★の材料をすべて入れ、豚肉を加え揉みこみ20分ほど寝かせます。

②フライパンに①を入れ中火で炒めます。

③薄くスライスした玉ねぎを加えてさらに炒めたら完成です。

生姜焼きのショウガの部分をゆず胡椒にチェンジした料理です。
ゆず胡椒は火を入れるとさらに香りが立ちます。
焼き物レシピにはゆず胡椒を使うのをおススメします♪ 

ゆず胡椒卵焼き

材料~2人分~
卵・・・2個
★めんつゆ(3倍濃縮)・・・小さじ1/2
★みりん・・・小さじ1
★豆乳(なければ牛乳)・・・大さじ1
★ゆず胡椒・・・小さじ1/2
食用油・・・適量
作り方

①卵を溶きます。

②①に★の材料を加えてさらに混ぜ合わせます。

③卵焼き用フライパンで卵液を入れ巻きながら卵焼きを作ったら完成です。

豆乳を加えることでまろやかな味になります。お弁当の一品にピッタリです。いつもの卵焼きに飽きたらぜひ作ってみて下さいね。

ゆず胡椒ときのこのスープ

材料~4人分~
しめじ・・・1株
えのき茸・・・1株
エリンギ・・・1本
小口ネギ・・・適量
ショウガ・・・1片(20gくらい)
水・・・800㎖
鶏がらスープの素・・・小さじ2
ゆず胡椒・・・小さじ1
塩・・・少々
ごま油・・・大さじ1/2
片栗粉・・・適量
作り方

①しめじ、えのき茸は石づきをカットし小房に分けます。エリンギは薄切りにカットします。

②生姜は千切りにします。

③鍋にごま油と生姜を入れ香りが立つまで炒め、しめじ、えのき茸、エリンギを加えてさらに炒めます。

④水、鶏がらスープの素、ゆず胡椒を加えて沸騰するまで煮込みます。

⑤水溶き片栗粉を少しずつ加えてとろみをつけます。

⑥スープ皿に盛ったら最後に小口ネギを散らしたら完成です。

※基本的には鶏がらスープとゆず胡椒だけで味付けしますが、塩分が足りないな~と感じた場合、塩を加えて調整してください。

ゆず胡椒と生姜でカラダがポカポカ温まるスープです。寒い季節におススメです。きのこは食物繊維が豊富で低カロリー。ダイエットにもぴったりですよ。

栄養と効果

いつもの料理をさらに美味しくしてくれるゆず胡椒。ゆず胡椒は美味しいだけでなく、美容と健康効果が望める調味料でもあります。

果たしてゆず胡椒にはどのような効果があるのでしょうか?
ゆず胡椒に含まれる栄養とその効果を紹介します。

ゆず胡椒に含まれる主な栄養素

※ゆず胡椒大さじ1杯(約18ℊ)のおおよその値

カロリーと三大栄養素

・カロリー・・・24㎉
・炭水化物・・・4.43g
・タンパク質・・・0.85g
・脂質・・・0.64g

ビタミン類

ビタミンA・・・74.3㎍
ビタミンE・・・1.82㎎
ナイアシン・・・0.73㎎
ビタミンB6・・・0.19㎎
パントテン酸・・・0.27㎎
ビタミンC・・・17.3㎎

ミネラル類

ナトリウム・・・664.4㎎
カリウム・・・152.2㎎
マグネシウム・・・11.16㎎
鉄・・・0.36㎎

食物繊維・・・3.02㎎

青柚子、青唐辛子、塩の3つが原材料となっており、1回の使用量も少ないため三大栄養素によるカラダへの効果はほぼ期待できません。
エネルギー補給のための食品ではありません・・・(´・ω・`)

ゆず胡椒に期待できる栄養素とその効果はこちら!

ビタミンE

アンチエイジング効果

ゆず胡椒はビタミンEが豊富です。ビタミンEは別名「若返りのビタミン」と呼ばれています。

ビタミンEの持つ作用で代表的なのがこちら

「強い抗酸化力!」

ビタミンEはビタミン類の中でも特に抗酸化力が高いです。
体内に発生した活性酸素はカラダの至る処を錆び(老化)させてしまいます。肌のしわやたるみ、臓器の衰え、筋力の低下などカラダの老化の原因となります。

これを防ぐのが抗酸化力です。体内の活性酸素が増えるのを抑制することで、カラダが錆びてしまうのをストップさせます。
この作用を持つのがビタミンEです。そのため別名「若返りのビタミン」と呼ばれているのです。

ゆず胡椒に含まれているビタミンEによって、カラダのあらゆる箇所のアンチエイジング(若返りと老化防止)が期待できます。

◆抗酸化作用によって期待できる効果◆
・美肌
・がんの予防
・生活習慣病の予防 など

♥ビタミンEによるその他に期待できる効果♥

女性ホルモンの働きを安定させる

ビタミンEは化学名を「トコフェノール」と言います。ギリシャ語のTocos(子供を産む)phero(力を与える)という意味からそう名付けられたそうです。

元々ビタミンEが発見されたのは不妊治療の研究中のことでした。
ビタミンEは卵巣や副腎に多く存在し、女性ホルモンの分泌を調整する働きをします。

その作用により、PMS(月経前症候群)、生理不順、生理痛、更年期障害などの予防・改善効果が期待できるのです。

ビタミンEは女性にとっては欠かせない栄養素と言えますね♪

血行促進作用

ビタミンEは毛細血管を拡張する作用を持っています。血管が広がることで血流がスムーズになることが期待できます。

血流が良くなればカラダの隅々まで血液が運ばれ、冷え性、肩こり、貧血、頭痛など血流が悪いことで引き起ってしまう疾患を予防・改善することができます。

また、血液に含まれる栄養素が各細胞にしっかりと運ばれるため、エネルギー代謝が活発になり、ダイエット効果も期待できると言えましょう。

ビタミンC

ゆず胡椒はビタミンCも多く含まれています。ビタミンCは様々な作用を持つ優秀な栄養素です。

アンチエイジング効果

ビタミンCもまたビタミンEと同じく強い抗酸化力を持っています。
その抗酸化力によってカラダを老化から守ります。

ゆず胡椒はビタミンEも多く含んでいます。ビタミンE&ビタミンCのWの抗酸化作用が期待できますね。

コラーゲンの生成をサポート

コラーゲンは肌の潤いやハリ、骨や血管、筋肉を丈夫に保つ役割を持っています。
女性にとっては特にコラーゲン不足による肌の衰えは深刻ですよね・・・。

ビタミンCは体内でコラーゲンが生成される際にそのサポートをする栄養素です。
ビタミンCが不足してしまうと、コラーゲンがしっかりと生成されません。
その結果、しわやたるみ、骨や血管が弱ってしまうといったことが起こりえます。
美肌とカラダの各器官の健康を守るためにはビタミンCをきちんと摂ることが大切です。

ビタミンEの作用を取り戻す!?

ビタミンEは活性酸素と結びつき細胞を酸化から守ります。そしてその後抗酸化力を失い無力化してしまいます。

この時にサポートするのがビタミンC!

ビタミンCがビタミンEに働きかけることで、無力化したビタミンEは再び抗酸化力を取り戻します。

ビタミンCはビタミンEが再び体内で働けるようにする作用を持っているんです。

◆ビタミンCに期待できるその他の効果◆
・しみを防ぐ
・免疫力アップ
・胃がんの予防
・動脈硬化の予防
・ストレス耐性
・鉄の吸収を促進する
・アルコールの分解をサポート
・肝臓の解毒をサポート  など

ビタミンCの効果でイメージするのは「美白」ですが、実はそれ以外にも様々な効果・効能が期待できる栄養素です。

ビタミンCは健康には欠かせない栄養素。ゆず胡椒だけでなく、ほかの食材からも毎日しっかりと摂りましょう!

★ビタミンC食材についてはこちらをチェック!
レモンの魅力を徹底分析!お酢、お水、スイーツと相性抜群!
パイナップルで夏バテに負けない!気になる栄養価とは?

ナトリウム

原料に塩を使っているため塩の主成分とであるナトリウムが豊富です。
塩分というと摂りすぎてはいけないイメージですが、カラダにとっては欠かせない栄養素でもあります。
ナトリウムがカラダにもたらす作用がこちら。

細胞の浸透圧を調整

ナトリウムは細胞の外液に存在しており、細胞内に存在するカリウムとともに、細胞の浸透圧を保つ役割をします。

細胞の浸透圧が乱れると細胞破壊が起きてしまい、時に破壊された細胞はがん化するとも言われています。
細胞の浸透圧を保つことは生命にとって、とても大切なことなのです。

体内の水分量を調整

脱水症状の時には塩分も摂ること。と言われていますね。
血液や体液中の存在しているナトリウムは、体内の水分量を調整する作用を持っています。

血液や体液に含まれるナトリウム濃度が高くなると、濃度を下げるために水分が体外に排出されるのを防ぎます。
反対にナトリウム濃度が低くなると、濃度を上げるために水分が体外に排出しないようにします。

ナトリウム不足は体内の水分調整を乱れさせ、脱水症状を悪化させてしまうのです。

栄養の吸収をサポート

糖質やタンパク質は体内でアミノ酸、ブドウ糖などに変化し消化器官から体内へと吸収されます。

この時にナトリウムイオンが不足していると上手く吸収できない仕組みになっています。栄養をしっかりと吸収するにはナトリウムは欠かせないのです。

◆ナトリウムのその他の作用◆
・筋肉の収縮、弛緩を調整する
・神経を刺激し伝達させる

ナトリウムは塩に多く含まれています。塩は料理に欠かせないものであるため、普通に生活しているうえでは不足することはまずありません。

しかし、大量に汗をかくと一気に失われてしまう場合があります。
猛暑や発熱の時、スポーツをしている時などは、ナトリウムが不足しないように気を付けたいですね。

ゆずの香りの効果

ゆずって本当に良い香りがしますよね♪ 私はゆずの香りがとても好きです。(*^^*)

そんなゆずの香りにもカラダに良い作用が秘められています。ゆずの香りの主な成分がこちら。

「リモネン」

ゆずの香り成分で一番多く含まれているのがリモネンです。
リモネンはオレンジやレモンにも含まれている香り成分です。
ゆずの甘酸っぱくすっきりとした爽やかな香りは、このリモネンによるものとされています。

リモネンが持つ作用がこちら。

リラックス作用

リモネンの香りを嗅ぐと大脳が刺激され、リラックスした時に発せられるα波が出ると言われています。
そのことからリラックス効果が期待できます。

覚醒作用

リモネンの香りには交感神経を刺激し活発にする作用があると言われています。
そのため頭をスッキリとしてくれる効果が期待できます。

◆リモネンに期待できるその他の効果◆
・免疫力アップ
・血行促進
・育毛促進、抜け毛予防
・食欲増進 など
香り成分~ユズノン~

ゆず特有の少し苦みを感じさせる香り成分がユズノンです。
ユズノンもまたリモネンと同様にリラックス効果が期待できる成分と言われています。

青唐辛子の効果 

ゆず胡椒のピリッとした辛さは青唐辛子によるものですね。
青唐辛子による期待できる効果がこちら。

カプサイシン

青唐辛子の辛み成分の約9割はカプサイシンと言われています。

カプサイシンは胃や舌を刺激します。また中枢神経も刺激しエネルギー代謝を活発にします。この事から以下の効果が期待できます。

・脂肪の分解(ダイエット効果)
・血行促進(冷え性、肩こり、むくみの改善)
・免疫力アップ(風邪やインフルエンザ予防)
・食欲増進
・疲労回復  など

カプサイシンによってエネルギー代謝が活発になり、様々なカラダに良い効果が期待できます。

摂りすぎはNG!

カラダに良い効果があるからとカプサイシンを摂りすぎるのはNGとなっています。
カプサイシンは胃を刺激しますが、摂りすぎてしまうと粘膜を破壊してしまうことがあります。その結果、のどや胃の痛み、胃痛、胃痙攣、下痢、急性胃腸炎などを引き起こしてしまう場合があります。
決して食べすぎず適量を摂ることが大切です。

ゆず胡椒は一度に大量食べるといったものではないので、摂りすぎてしまう危険性は低いです。しかし、食べすぎには一応注意しましょうね。

まとめ

ゆず胡椒について使い方やレシピ、栄養と効果など詳しく紹介させていただきました。いかがだったでしょうか?ゆず胡椒を使いたくなった!と思っていただければ幸いです。
まずは市販のゆず胡椒から試してみてください。その魅力に惹かれたのであれば、ぜひ手作りゆず胡椒に挑戦してみてくださいね♪

本記事は、2017年10月6日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。