綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,860 記事

靴擦れ防止!新しい靴でも快適にはけるインソール活用法

2014年9月30日更新 | 9,183 views | お気に入り 523

靴ずれ防止のインソール

新しいパンプスなどを履くと必ず靴ずれしてしまう人もいるでしょう。そんな人に便利なのがインソールです。最近は100円ショップなど安価な物や、1,000円前後の機能的なインソールなど多数登場しているため、どれを使ったら良いか迷っている方に役立つ内容を紹介します。

靴ずれのインソールとは?

インソール

サイズの合わない靴、靴ずれしやすいシューズの補助グッズとして売られています。靴屋さん、100円ショップ、コンビニでも手に入り、価格は100円から1,000円前後まであります。この商品は靴ずれした箇所に貼る補助グッズというよりは、靴底に入れて高さを調節したり、土踏まずのフィット感を改善し靴ずれを予防することができます。

どんなインソールがいいの?

インソール

インソールは種類が多すぎて選ぶのが大変という方も多いですね。シューズフィッターさんや専門家の方に相談できれば一番いいのですが、いつでもそうとは限りません。基本的な使い方、選び方を覚えておくようにしましょう。

靴の前半部分のみのインソール

土踏まずから前半部分のみのインソールは、脚が前に滑るパンプスに便利です。土踏まずのアーチがあっていないと、前滑りを起こしかかとがすっぽり抜けてしまいます。それによりかかとの摩擦が大きくなってしまうのです。前半部分に厚みを付けると前後にズレるのを防ぐことができますよ。

ジェルタイプのインソール

他の素材と比べてグリップ力が強いため、前すべりしやすい方におすすめのタイプです。ヒールが高いとどうしてもつま先が前にズレますが、靴の中で脚が固定されれば靴ずれを防ぐことができます。

土踏まずタイプのインソール

パンプスなどのアーチが脚にあっていないと、たくさん歩くと疲れてしまいます。土踏まずのみに入れるインソールまたは、アーチの部分が高くなっている靴全体の商品がおすすめです。スポーツ用にも土踏まずを強力にサポートする商品が売られているため、スポーツ用品店で2,000円~3,000円の少々高い商品を買うのも良いでしょう。

かかとのみのパット

パンプスのかかとのサイズが合わず、パカパカしやすい方は専用のクッションを利用しましょう。ジェルやクッション素材など色々な商品が売られています。かかとに貼ると脚が浮きにくく、摩擦軽減に役立ちます。

まとめ

インソールは実際に靴の中に入れて試すのが一番です。ピッタリ合う物を探したいならシューズフィッターが居るお店、または100均を購入し失敗しても良いから色々と試すのも良いですよ。

著者情報

最近はもっぱらナチュラル思考です。自然が大好き!

本記事は、2014年9月30日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。