綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,856 記事

臍帯エキスの力!お肌の保水力アップにはこれを選べ!

2014年10月2日更新 | 4,238 views | お気に入り 492

臍帯エキス

近年は新たな美容成分、臍帯エキス(サイタイエキス)が注目されています。子供を産んだことがある方なら臍帯血という言葉は聞いたことがあると思いますが、美容に使われ始めたのはごく最近のこと。

この臍帯エキスの美容効果について、どのような商品で使えるのか、使う際の注意点を紹介します。

臍帯エキスとは?

臍帯エキス

臍帯エキスとは臍帯、つまりへその緒から抽出した成分のことです。へその緒にはヒアルロン酸、コンドロイチン、アミノ酸など美容に良い成分が詰まっており、これを肌に付けることで美肌効果を得ることができます。

臍帯エキスの効果

人工的に作られた美容成分とは異なり、生体内と同じたんぱく質を含んでいるため、肌への馴染みがよく保水効果や肌の活性化などアンチエイジングに効果的です。1g当たり6ℓもの保水力を持っているといわれています。

臍帯エキスの安全性は?

臍帯エキスの安全性

一般的にはプラセンタエキスと同様に豚由来の製品が多く使われているようです。SPF豚から抽出された成分なら、品質も良く管理され衛生状態も良いため安心して使うことができます。

臍帯エキスの価格

臍帯エキスに水やプラセンタなどを混ぜた純度の高い商品などが市場で出回っています。価格は30mlで1万円前後と少々高めですが、手持ちの化粧品に混ぜたり、気になる箇所のみピンポイントとして使えば良いでしょう。

使用上の注意点

生体から抽出した成分のため品質管理には十分注意してください。直射日光、極端に高温になる場所の保管は避けましょう。また、長期間保存が利かない商品も多いようで、数ヶ月程度で使い切る必要があります。そのほか、プラセンタ原液のように多少独特のニオイ、稀に肌に合わない人もいるため少量から試すことをおすすめします。

臍帯エキスの使用方法

胎盤と繋がっているのがへその緒のため、ほぼプラセンタと同じような成分なのですが、よりヒアルロン酸が多いため特に乾燥している箇所に使うと良いでしょう。シミ対策、保湿目的にも使えます。また、成分の浸透には30秒など多少時間がかかるため、忙しい朝の使用よりは時間に余裕がある寝る前の使用が良いでしょう。

まとめ

臍帯エキス、初めて名前を聞いたという方も多いと思います。日本の製品はまだまだ少なめのようですが、今後商品が増えてくれることを期待したいですね。プラセンタと同様にシミ対策、肌が乾燥しやすい人におすすめです。肌の代謝アップ、毛穴レスの肌を目指す方にも良く、肌のスペシャルケアとして使える美容成分です。

著者情報

最近はもっぱらナチュラル思考です。自然が大好き!

本記事は、2014年10月2日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。