綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,859 記事

婚活で疲れたら?アラフォーだからこその、ストレス解消法とその原因!

2018年6月29日更新 | 12,330 views | お気に入り 18

婚活で疲れたら?アラフォーだからこその、ストレス解消法とその原因!
『なんだか最近、婚活するのに疲れたな……』。

もしかすると、そんなふうに思っていませんか?
婚活は初対面の人と会う機会が自然と多くなるため、つい気を使ってしまうもの。また婚活それ自体に割く時間やお金に対して、結果が見えにくいのもそのストレスの原因と言えます。
婚活疲れには、じつはアラフォー特有のものがあるのをご存知でしたか? そしてそのストレスを解消する方法も、こっそりと存在しています。今日はそうしたアラフォー特有の婚活疲れの原因と、ストレス解消法を学んでみませんか?

『こんなに頑張っても結果がでないのは、どうして!?』

あなたは今、ひと月にどれくらいのエネルギー(時間やお金、体力)を婚活に投資しているでしょうか? そしてその投資は、どれくらいの結果を得ることができていますか?

このコラムを読んでいるということは、もしかすると投資に対して満足する結果を得ることができていないのでは? また、そもそも婚活することに対して大きな疲れを感じているのではないでしょうか?

もしもこの指摘に「ドキッ!」とするようであれば、今日のコラムはあなたの役に立つかもしれません。なぜなら、婚活疲れを起こしてしまう原因からその解消法までを、あなたにまるまるお伝えすることができるからです。

人間は理由や原因の分からないものに対しては、大きな不安を覚えます。また、そのために疲れてしまい解消法も分からないままでは、さらにその不安は大きくなってしまうでしょう。

じつは、婚活疲れの理由やその解消法には、ある一定の法則があります。また、あなたがもしもアラフォーの方であれば、その年齢層だからこその理由と解消法があるのです。

不安や婚活疲れそのものをそのまま放置しておくよりも、ぜひ今日のこのコラムでどちらもスッキリとしてみてください。そうすればきっと、よりあなたの婚活はうまくいくようになるでしょう。

アラフォーだからこそ!婚活に疲れる5つの理由……

それではそもそもなぜ、婚活にあなたは疲れてしまうのでしょうか? 基本的には、以下に挙げる5つの理由がそこには存在します。

1.何度参加しても恋愛につながらない

合コンや婚活パーティー、お見合いなど。おそらくあなたはこれまでに、様々な婚活の方法を試してみたでしょう。ですが、その方法や出会う場所を変えてみたとしても、思うような結果に繋がらなかったかと思います。

人間は自分が長期的に努力したことに対して期待するような結果が出なかった時、大きな無力感を感じます。それは婚活だけではなく、仕事でも同じようなことが言えます。

仕事終わりや週末の時間など。きっとあなたの貴重な時間を婚活に費やしたことでしょう。

しかし、出会う異性と恋愛に繋がらないという状況は、大きなストレスを感じるものとなります。「こんなに頑張っているのに何でだろう?」「自分の何かが悪いんだろうか?」と自分を責めてしまうこともあるかもしれません。

さらに同年代や周りの婚活仲間の方は、同じ方法でもしっかりとパートナーを見つけている……。もしもこうなっているのであれば、あなたがストレスを感じるのは尚更と言えます。

2.婚活のための準備に疲れる

婚活のための準備に疲れる
『婚活でモテるならこのワンピースを買っておこう!』
『結婚相談所に入会したなら、まずは写真館で素敵な写真を撮影!』
『婚活アプリはプロフィールが命!相手の気を引くような文章を書かないと……』

こうした婚活のための準備は、往々にして疲れるもの。確かにこれらの準備はするに越したことはないのですが、そこに投下する時間やお金、体力というのは決して少なくありません。

「婚活をするための準備段階で、すでにエネルギーが枯れてしまった」なんて声を聞くことも。これでは、いよいよ婚活本番となったときには、エネルギー切れとなって本来のあなたの良さを発揮することができません。

3.好みではない人にアプローチされる

異性から好意をもたれること自体は、悪いことではありません。しかし、好意のエネルギーというのは、対処するのにあなたの体力をもっていかれてしまいます。

「好きです!」と言われた相手が好みではない場合に、お断りをする場合などは特にそうでしょう。メールであれば返信する手間もありますし、対面であればそうした断りの言葉を言うのになんとなく罪悪感を覚えてしまうこともあるかもしれません。

何より、好みではない人ばかりにアプローチされると『どうして好みの人からのアプローチはこないの?』と自分の何かが間違っている気がしてしまうでしょう。こうした間違いについて感じることは、それ自体がストレスとなってしまいます。誰も自分の行動が間違っているということは、感じたくないからです。

4.周りからの結婚のプレッシャーがある

周りからの結婚のプレッシャーがある
「で、あんたはいつ結婚するの?」

実家に帰省したり、両親からの電話があるとすぐに上記のような質問をされてしまう……。これが大きなストレスとなるのは、当然のことです。

「もうアラフォーなんだから、婚活しているんなら早く結果を出しなさいよ!」と急かされているような気分になるかもしれません。

こうした言葉にストレスを感じるのは、多かれ少なかれあなた自身も同じように思っているからでもあります。「アラフォーの自分が、まだ結婚していないなんて」「こんなに婚活をしているのに、結果が出ないなんておかしいよね」と自分を責めているのでしょう。

周りからのプレッシャーというのは、イコール自分自身からのプレッシャーとも言い換えることができます。

5.自分磨きをしすぎて無理をしている

『異性に好かれるためには、ヨガに通って自分磨きをしないと!』
『婚活パーティーは自己紹介ですべてが決まる!コミュニケーション力を上げるために、セミナーに通おう!』
『男はやっぱり胃袋を掴まないとね。そのためには料理を覚えないと……』

こうしたいわゆる『自分磨き』そのもの自体は、悪いものではありません。自らを高めることは悪いことではないでしょうし、むしろ人生を前向きに楽しむのには有効なものだと言えます。

しかし、『その2』にあるような婚活のための準備と同じで、そこにはあなたの体力やお金などのエネルギーが大なり小なりと割かれてしまいます。

結果が出ていないのであれば、そこに投下されたエネルギーがどれだけ役に立っているのかも分かりません。

『私はいつまで自分磨きをすれば良いの?』

終わりのないように思える『自分磨き』。確かに『自分磨き』はいつまでもやって良いのだと思います。しかし、努力量に対してリターンを多少なりとも感じなければ、ストレスでしかないでしょう。

婚活疲れを解消する8つの方法

それでは原因が分かったところで、実際に婚活疲れを解消する8つの方法をご紹介していきます。どれも現実的にやってみやすいものばかりですので、ぜひ一度試してみてください。

1.婚活を一定期間止めてみる

婚活を一定期間止めてみる
まずはじめにあなたにご紹介するのは、『婚活を一定期間止めてみる』ということです。言い換えれば『お休み期限を設定する』ということでもあります。

体力で考えてみれば、分かりやすいかもしれません。あなたもきっと、身体が疲れているのであれば、積極的に身体を休ませようとするでしょう。そのために、マッサージや岩盤浴など、何らかのケアをすることもあるかと思います。

そうしたポジティブな休養を取ることは、婚活においても有効です。休みを取ることで、休み明けにはリフレッシュした気持ちで婚活に取り組むことができるでしょう。また、疲れが取れているので効率もアップすることが考えられます。

ここで注意すべきなのは、『いつまで休むのか』というのをしっかりと決めておくということです。当然ながら、休みっぱなしではいつまで経ってもあなたの望む結果に近づくことはできません。期限を決めて、休むことが大切です。

とはいえど、『具体的にいつまで休めば良いのか分からない』という方もいるでしょう。それであれば、例えば『まずは3ヶ月だけ休んでみる』など、とりあえずの期間を決めてみてはいかがでしょうか?

そして3ヶ月後に、自分の気持ちがリフレッシュしているようであれば、婚活を再スタートしても良いでしょう。逆に気持ちがリフレッシュしていないようであれば、婚活はもう3ヶ月休んでみても良いかもしれません。

お休み期間のあいだは、婚活のことは忘れて思いっきり好きなことをしてみましょう。婚活に割いていたお金や体力、時間を他のことに割くのです。そうしていくことで、身体的にも精神的にも疲れが取れていくはずです。

また逆に、お休み期間にあらためて『本当に婚活がしたいのか?』というのを自分に問いかけてみるというのも、非常に有効です。

もしもその問いに対して、心からの『イエス』がなければ、婚活はそのお休み期間をきっかけに辞めてしまっても良いのだと思います。

心からの『イエス』が無ければ、もはやその婚活は義務でやっているに過ぎません。果たしてあなたの婚活というのは、義務でやるものなのでしょうか?

もちろん、パートナーとの結婚の目的は人それぞれ。『社会的な体裁があるから』という理由で婚活をする人に対して、私はそれを悪いこととは言いません。

しかし、逆に『体裁にとらわれない生き方をしたい』『別に義務的なもので結婚をしたいわけじゃない』『よくよく考えたら、本当は結婚を望んでいなかった』。このような結論に至る場合もあるでしょう。それであれば、婚活自体をもう辞めてしまっても良いのです。

身体的・精神的な疲れを取ってリフレッシュするにせよ、上記のような気づきを得るにせよ、まずはまとまった時間が必要となります。そのためにも、お休み期間をまずは3ヶ月設定して取ってみる……というのは有効になるかと考えられます。

私たち日本人の多くは、生真面目な傾向にあります。なかなか意識をしなければ、休みを取るということをしません。

私自身もそうですが、より多くの結果を出すために、積極的により多くの休みを取るようにしています。最高のパフォーマンスを出すためには、最高のメンテナンスをする必要があるのです。

2.婚活そのものの最後の年を設定する

『2020年の5月までに結果が出なければ、もう婚活は辞める』。

こうした婚活の期限を設定してしまうのも、ストレスを軽減させるのに役立ちます。というのも、人間は『これ、いつまでやるの?』という終わりのない作業に対しては非常にストレスを感じます。しかし逆に『この日まで頑張れば良い』という明確なゴールのようなものが決まっていれば、その期限までは頑張ることができるものです。

例えば、夏休みの宿題を思い出してみてください。夏休み最後の日になると、それまでまったくやる気の起きなかった宿題に対して、想像もできなかったクリエイティブなアイデアと行動力で一気に終わらせた……なんて思い出はありませんか?

私たち人間は弱いもので、期限が無ければ真剣に取り組むことが難しい生き物です。計画的に夏休みの宿題をこなしてきた人というのは、恐らく人口的にはどちらかというと少ないのではないでしょうか? 多くの人は、夏休みの前日に一気に終わらせる……というタイプだと思います。

また恋愛の難しいところは、決して計画通りには進まないところです。予定では『40歳までには結婚する』と考えていたものの、恋人との思わぬ別れを迎えたりなど、予期せぬことが起きます。もちろんそこが恋愛の面白いところでもあるのですが、夏休みの宿題と同じように計画的には進まないのが悩ましいところです。

いずれにせよ、期限を決めることでより真剣に取り組めることは間違いありません。そして、『来年までは頑張る。もしそれでダメならもう辞めよう』と考えることで、ストレスは軽減します。

これまでのように、ただ漠然と『40歳までに結婚できてたらいいな……』という姿勢ではなく、婚活最後の年を決めてみましょう。そうすることで、より結果も出やすくなるはずです。

3.趣味に合った婚活に参加してみる

『特にスポーツに興味はないけど、友達がフットサル婚活で結婚したら私も参加しよう』。

こうした自分に興味のない分野の婚活パーティーやサークルに参加し続けることは、間違いなくストレスとなります。そもそも興味のない分野の場所で出会った人と、長期的にうまくいくとは考えにくいと思いませんか?

結婚後に『え!フットサル婚活で出会ったから、君もフットサルは結構好きなのかなと思ってた……』と相手にがっかりさせてしまっては、その結婚生活の先が思いやられます。当然ですが、相手は『騙された!』という思いを抱くことでしょう。

確かに自分の友達が結婚相手と出会った婚活パーティーやサークルであれば、参加したくなることでしょう。しかし、自分の趣味に合った婚活をする方が、間違いなくストレスは減ります。
もしもあなたがワインに興味があれば、ワイン会に参加してみるというのも良いでしょう。仮に素敵な恋人ができなかったとしても、ワインを楽しむという目的は達成されるため、その時間はあなたにとってストレスもなければ、気持ちの良いものとなり有意義な時間となるからです。

さらにつけ加えるのであれば、婚活の成功確率も上がるでしょう。なぜなら、あなたの趣味に合っている婚活パーティーやサークルであれば、参加するあなたの瞳は爛々と輝くものとなるはずです。興味のないことを話すひとよりも、自分の大好きなことを話す人の方が、何倍も魅力的に見えませんか? それと同じで、自分の趣味に合っている婚活というのは、あなたの魅力を何倍にも増やしてくれるものです。

身内話で恐縮ですが、私の父は趣味のカメラを通じて再婚に成功しました。父の趣味は学生時代からカメラであり、カメラについて話す父の姿はとても魅力的です。少年のように目を輝かせながら被写体を撮影するその姿や、アルバムを作成するその姿勢は、年齢に関係のないその人だけの魅力を放っているように思います。

正直カメラ以外の部分で言えば……例えば年収の部分で父は平均よりずば抜けて有利だとかということはありません(本人の名誉のために言えば、決してカメラ以外に長所がないということではないです)。

しかし、彼は自分の興味のある分野を通すことで、自らのもっとも輝く部分を意識的に見せることに成功しました。そしてその結果、再婚に成功したのです。

自分の趣味に合った婚活をすることは、私の父のように条件の不利というのを覆すことさえできます。逆に言えば、自分の趣味に合った婚活をしないということは、それだけ条件的に不利だと言うことです。

4.結婚している友人や同僚の愚痴を思い出す

あなたは結婚に対して、どのようなイメージを持っていますか?

『結婚すれば、もうゴール!あとは幸せな未来が待っている……』

アラフォーのあなたであれば、まさか上記のようなことは思わないでしょう。もし思うのであれば、結婚している友人や同僚の愚痴を思い出してみてください。

『結婚する前とイメージが違い、夫は家事をまったく手伝ってくれない』
『結婚したからといって、別に幸せになることとは関係なかった』
『結婚したらしたで、親戚付き合いが面倒』。

こうした愚痴や不満というのが、結婚している友人や同僚から一度は聞いたことがあるはずです。

それもそのはず、結婚はおとぎ話の最後のページに記載されているような『冒険の報酬』ではなく、単なるプロセス。紛れもない現実であり、大変なことや結婚によるデメリットもあるのです。

世の中には、メリットしか存在しないものはありません。メリットしかないものがあるとあなたが言われたならば、それは詐欺だったはずです。どのようなものでも、表と裏で一枚。メリットとデメリットが、存在するのです。結婚についても同様で、今の独身のあなただからこそ享受できるメリットもあります。そう考えると、今の独身の状態も悪くないと思いませんか?

試しに独身であるメリットを、いくつか挙げてみてください。結婚した友人や同僚にはないものを、今のあなたは沢山持っています。それらを意識することで、ストレスは軽減しますし、『まぁ結婚が人生のすべてじゃないのか』と悩みから解放されるはずです。

5.女子会に参加する

女子会に参加する
もっとも手っとり早いストレス解消法と言えば、これでしょう。女性には女性同士でしか共有できない悩みや、話すことのできないことがあります。悩みは自分の内側に抱えるのではなく、外に出すことで客観視することもできます。女子会のメンバーによっては、悩みをただ単に吐き出すだけでなく、有益なアドバイスや情報をくれる人もいるでしょう。

あなたの婚活に役立つような、ポジティブなメンバーとぜひ女子会を開いて下さい。

ひとつ注意点としては、あなたのエネルギーを奪うようなメンバーとは女子会は開かないこと。自慢話しかしなかったり、他人の悪口しか言わないなど。ネガティブな話題が悪いというわけではありませんが、あまりに建設的でない女子会は頻繁に参加するものではありません。

あなたが女子会に参加する目的は、ストレスの解消のはず。逆にストレスをもらってしまうような女子会であれば、参加する意味はありません。

6.婚活していることを周りに言う

婚活していることを周りに言う
この方法は、私も専門家としてクライアントに強くおすすめしているものです。

というのも、周囲に宣言することで『じゃあ私がいい人を紹介しようか?』と紹介のサポートを受けられる可能性があるからです。ひとりで活動するよりも、圧倒的に効率が良くなります。結果が出るまでの時間が短くなるぶん、ストレスも少なくなるでしょう。

また周囲に宣言することで、目標を達成しようとする気持ちが高まります。『言ったからには、なんとか達成しなくては!』と、いい意味でのプレッシャーを自分自身に与えることができるでしょう。

もちろん、この宣言をすることが大きなストレスになるようでは意味がありません。ですので矛盾するようですが、『宣言をしたからと言って、必ず達成しなければならない』とあまり深く考えることは避けましょう。あくまで『紹介のサポートがあればいいな』という軽いテンションで、婚活していることは周囲に言ってみてください。

7.自分の理想は高すぎないか考えなおしてみる

理想を叶えることは、とても素晴らしいことだと思います。自分の望む目標が達成されることは、多くの人にとって人生における豊かな経験となります。

しかし、世間体やメディアによって不当に高くなってしまった理想は、その人にとって幸せをもたらす目標にはなり得ません。

あなたが本当に望む結婚相手の年齢は、いくつまでOKなのでしょうか? ただなんとなく『自分の今の年齢を考えると、35歳までかな』と決めてしまっていませんか?

あなたが求める充実した結婚生活に、その要素は本当に必要なのでしょうか? また、その求める項目はあなたが心から望むものですか?

場合によっては、あなたが掲げる理想はあなたが本当に望むものではないかもしれません。それであれば、そのような理想の項目はいっそ、相手に求める条件から外してしまいましょう。

そうすることで、グッとパートナー探しは楽になるはずです。『この人は年齢的にアウトだな……』とこれまで対象外と見ていた人とのお付き合いも考えられるようになるため、選択肢の幅も増えます。出会いの幅を増やすことも簡単になるため、ストレスを感じにくい婚活をすることができるようになるでしょう。

8.婚活の方法を変えてみる

婚活の方法を変えてみる
婚活の方法は、決してひとつやふたつではありません。

  • 婚活パーティー
  • 婚活アプリ
  • 婚活サイト
  • 結婚相談所
  • 合コン
  • 友人や同僚からの紹介

etc……。簡単に挙げるだけでも、これだけの方法があります。

私がクライアントによくするアドバイスとして、『自分に合った出会いの場に行きましょう』というものがあります。

婚活パーティーや婚活アプリなどは、同じ婚活という言葉がついていても実際に会う人の属性は異なります。そこにかかる費用や手間も異なりますし、合コンのように『お酒のある場でワイワイと話すのが好き!』というような、すぐに直接会って話したいというタイプの人が集まる場もあります。

あなたが得意とする出会い方は、どれでしょうか? また、好きな出会い方はどのような出会い方になりますか?

自分の好きで得意な出会い方は、ストレスがかかりにくいものです。例えば合コンのようにカジュアルな出会い方が得意な人は、結婚相談所のように少しフォーマルな出会い方は苦手という場合があります。

逆にホテルのラウンジのように、しっかりとした場所で初対面の人とは話したいというタイプの人は、合コンは不向きでしょう。

このように、自分のタイプに合った出会い方をすることはストレスを避けるのと同時に、婚活の成功確率を大幅に高めてくれます。

ところでこうした出会い方の話をしたときに、必ず『できるだけ自然な出会い方をしたい』と言う人がでてきます。

それはそれで、もちろん構いません。しかし、『自然な出会い』=『日常での出会い』がないからこそ、婚活をする必要があるのではないでしょうか?

また、『自然な出会い』だからといって、うまくいくとは限りません。アラフォーで恋愛の経験が豊富なあなただからこそ、それはよく分かるでしょう。これまで『自然な出会い』をしてうまくいかなかったからこそ、今のあなたがいます。また、周囲の友人や同僚でも『自然な出会い』をして結婚した結果、本当に幸せになった人はどれだけいるでしょうか?

つまるところ、『出会い方そのもの』にこだわるよりも、もっと本質的に大切にするべきことがあります。

どのように出会うかという末端のプロセスではなく、あなたが恋愛や婚活に対してどのような姿勢を持っているかという本質の部分の方が、より大切ではないでしょうか?

あなたが幸せなパートナーシップを相手と築くのに、出会い方そのものは大切ではないと思いませんか? 出会い方というプロセスではなく、出会ってからどうするかの方が、よっぽど大切ではないでしょうか?
ぜひ婚活の方法にはこだわらず、色々試してみてください。そしてその過程で、あなたが結果のでやすい、好きで得意な方法である勝ちパターンを見つけると良いでしょう。

これらは豊富な恋愛経験を持つ、アラフォーのあなただからこそ、より効果的になるものでもあります。

まとめ

『もうアラフォーだから、早く結果を出さなくちゃいけないんです』
『もうアラフォーだから、早く結果を出さなくちゃいけないんです』

これはちょうど、40歳前後の女性からよく言われるセリフです。しかし面白いのが、30歳前後の女性からも同じように『もうアラサーだから、早く結婚相手を見つけないといけないんです』と言われることがあります。

年齢というのは今の年齢が、その人の人生で常にもっとも高いものでもあります。ですから、どのような年代の人でも同じような悩みを持つのでしょう。

こうした年齢による焦り以外にも、婚活にはさまざまにストレスを感じる要因があります。色々な恋愛を経験したからこそ生まれる、自分への自信のなさや男性への不信感という場合もあるでしょう。

いずれの場合にせよ、婚活のストレスをあまり感じることは、あなたの恋愛・結婚はもちろんのこと、人生の質に良い影響を与えません。

私たちは成長する過程における教育で、恋愛・結婚について学ぶ機会がほぼなかったかと思います。ましてや、自分の人生の伴侶を見つける方法など、誰も教えてはくれなかったでしょう。

だからこそ、婚活は手探りの状態で多くの人は進めていきます。他の誰かがうまくいった方法を試してみたり、書店に行って『30日以内に、理想のパートナーと出会う方法』とタイトルにあるような本を手にとってみたりもします。

しかも学校の勉強と違い、婚活には正解がありません。仮に結婚相手を見つけたとしても、あなたが幸せを感じなければまったく意味がないのです。そうした幸せな関係を築ける相手を見つける方法は、正解を見つけようとする方が難しいでしょう。

私も専門家として、クライアントに『あなたはこうすれば必ず結婚相手が見つかりますよ』と正解を与えることはできません。これは私だけでなく、どのような人であってもそうでしょう。

しかし、『こうすればうまくいくかもしれませんね』というヒントを与えることはできます。また、『あなたが本当に望む相手は、本当にその人なのでしょうか?』と、気づきを促す質問を投げかけることもできます。

そうした過程を経るなかで、クライアントは自分の納得する結婚相手を見つけていきます。逆に『私にとって結婚は本当に望むものではありませんでした!』と、婚活から別の形で卒業していく人もいます。

いずれにせよ、その人の人生がより幸せに歩めるのであれば、私は良いのだと思います。そして、そのための何かしらのお手伝いをできることが、私のような専門家の喜びでもあります。

私の父は、アラ還で再婚をしました。そして、今すごく幸せそうです。そしてそうした幸せな結婚生活は、今のアラ還の父だからこそできるのだと思います。

結婚に早いも遅いもありません。あくまであなたのペースで。したいと思ったときにするのが、きっと良いのだと思います。

今日ご紹介した原因や解消方法を試すことで、あなたの婚活のストレスが少しでも減ることがあれば幸いです。

著者情報

才能・パートナーシップ・自分らしい生き方の専門家

本記事は、2018年6月29日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。