綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,860 記事

女性の体脂肪率の適正値は?増えすぎても減りすぎても危険!

2014年10月8日更新 | 53,567 views | お気に入り 508

女性の体脂肪率

女性の適正な体脂肪率はどのくらい?女性なら覚えておきたい、健康的に痩せるための適正体脂肪率を知っておきましょう。痩せすぎてもダメ、体脂肪率が増えすぎても健康に影響を及ぼす可能性があるため、適正値をまずは知ることから初めてみてくださいね。

女性の適正体脂肪率

女性の体脂肪率

女性の年齢にも多少左右されますが、平均では20%~30%程度だといわれています。若い年齢のほうが体脂肪率は低め、年齢が上がるにつれて多少増加するのが一般的です。

女性は15%以下にすると危険

若い女性にありがちなのがモデルのように痩せたいという願望です。しかし、女性の場合20%の体脂肪率を切ると色々な弊害が起こりだし、15%を切ると生理が止まり妊娠しにくいともいわれています。プロの女性アスリートは10%を切る人もいますが、彼女達も生理が止まっている人が多いといいます。スポーツを極めることを優先し、女性のリスクを背負いながらプロとしてやっているわけですね。痩せすぎると次のような影響が出やすくなります。

  • 免疫力が低下しやすくなる
  • 疲れやすい
  • ホルモンの分泌が悪くなる
  • 生理が止まる
  • 低血圧になる
  • 骨粗しょう症になりやすい

肥満の境界線

肥満と呼べるのは体脂肪率が30%を超えたくらいからです。もし体重が50kgと平均値でも、体脂肪率が30%に達していれば隠れ肥満といえます。立派な肥満のひとつで、見た目が痩せていても脂肪が多く、将来生活習慣病にかかるリスクが高まります。特に間違ったダイエットを繰り返した人に多く見られています。

ダイエットは体重より見た目

女性の体脂肪率

女性でありがちなのが体重の数値にばかり目を向けてしまうことです。しかし体重50kgの人でも体脂肪率が20%と30%では全然見た目が違います。20%の人は筋肉が多く脂肪が少なめで引き締まって見えるのに対し、30%の人は筋肉がかなり少なく脂肪が多いといえます。見た目も当然皮膚がたるんでいたり、体重より見た目で太って見えることも多いのです。見た目を細くしたいなら女性の体脂肪率20%前半から25%が適切で、脂肪も付いていて女性らしい体といえます。

女性有名人の体脂肪率

どのくらいの体脂肪率にしたら良いか分からない場合は、女性有名人の体脂肪率を参考にしてみるのもいいかも。体重ではなく見た目の参考にしてみて下さいね。

■上戸彩・・・15%

浅田まお・・・7%

熊田曜子・・・16.8%

釈由美子・・・14%

浜崎あゆみ・・・15%

中島美嘉・・・16%

まとめ

女性芸能人の体脂肪率は調べてみるとアスリート並の人が多いようです。スタイルは良く見えますが、生理が止まるかもしれないギリギリのボーダーラインともいえます。太りすぎは健康に悪いのはわかるけど、痩せ過ぎも良くないという認識を持つようにしたいですね。

著者情報

最近はもっぱらナチュラル思考です。自然が大好き!

本記事は、2014年10月8日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。