綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,860 記事

化粧くずれしにくくなる化粧下地の塗り方

2014年10月22日更新 | 5,696 views | お気に入り 468

化粧がくずれる原因は3つ。その原因と化粧をくずれさせない方法を知りましょう。

朝キチンとメイクをしても、時間が経つにつれてよれたり、テカったりしてしまうのがベースメイクの嫌なところですよね。

化粧がくずれる原因ってなに?

3つの原因

同じベースメイク用品を使っていても、化粧がくずれやすい人とくずれにくい人がいます。両者の違いは「肌質」にあり、それが化粧くずれの大きな原因となっています。

「皮脂」

皮脂は肌を守るための大切な成分です。しかし皮脂の成分のほとんどは油分です。ベースメイクには肌にしっかりと馴染むように油分が入っています。
この油分が皮脂と混ざることで、しっかりと肌に密着したベースメイクが出来るのですが、肌から分泌される皮脂の量が多いと、ベースメイクが皮脂によってドロドロに溶けてしまい化粧がくずれてしまいます。
普通よりも皮脂が多い人は油分が原因となり化粧くずれしやすいです。

「汗」

夏場の化粧くずれの原因と言えばやっぱり汗ですね。
汗には水分だけでなく皮脂の油分も入っているので、化粧が溶けてしまう原因となります。汗の種類の中でも特に気を付けたいのがドロドロの汗です。
健康な汗ならば水分が多いので、サッと拭けば化粧くずれになりませんが、ドロドロの汗は油分をたくさん含んでいるので、化粧くずれを引き起こしてしまいます。運動不足や冷え症の人はドロドロの汗をかきやすいので注意が必要です。

「乾燥」

乾燥は化粧のノリを悪くするだけでなく、化粧くずれの原因にもなります。
空気の乾燥により肌の水分が不足すると、肌を守るためにたくさんの皮脂を出すように脳から命令が出ます。
その命令によりたくさんの皮脂が分泌され、化粧くずれになるのです。
夏場のエアコンが効いた部屋は冬場と同じくらい乾燥しています。夏場であっても乾燥には気を付けましょう。

化粧くずれを防ぐ方法

同じベースメイク用品を使っていても、化粧がくずれやすい人とくずれにくい人がいます。両者の違いは「肌質」にあり、それが化粧くずれの大きな原因となっています。

「皮脂」

皮脂は肌を守るための大切な成分です。しかし皮脂の成分のほとんどは油分です。ベースメイクには肌にしっかりと馴染むように油分が入っています。
この油分が皮脂と混ざることで、しっかりと肌に密着したベースメイクが出来るのですが、肌から分泌される皮脂の量が多いと、ベースメイクが皮脂によってドロドロに溶けてしまい化粧がくずれてしまいます。
普通よりも皮脂が多い人は油分が原因となり化粧くずれしやすいです。

「汗」

夏場の化粧くずれの原因と言えばやっぱり汗ですね。汗には水分だけでなく皮脂の油分も入っているので、化粧が溶けてしまう原因となります。
汗の種類の中でも特に気を付けたいのがドロドロの汗です。健康な汗ならば水分が多いので、サッと拭けば化粧くずれになりませんが、ドロドロの汗は油分をたくさん含んでいるので、化粧くずれを引き起こしてしまいます。
運動不足や冷え症の人はドロドロの汗をかきやすいので注意が必要です。

「乾燥」

乾燥は化粧のノリを悪くするだけでなく、化粧くずれの原因にもなります。
空気の乾燥により肌の水分が不足すると、肌を守るためにたくさんの皮脂を出すように脳から命令が出ます。
その命令によりたくさんの皮脂が分泌され、化粧くずれになるのです。
夏場のエアコンが効いた部屋は冬場と同じくらい乾燥しています。夏場であっても乾燥には気を付けましょう。

化粧くずれを防ぐ方法

KE116_72A

キレイに仕上げたメイクを崩れさせないためには、「スキンケア」「下地の塗り方」を見直しましょう。

スキンケアを見直す

化粧がくずれる原因は皮脂・汗・乾燥の3つです。そして、この3つの原因の根本となっているのが「油分」です。
油分が出過ぎて化粧くずれが起きるので油分を抑える為のスキンケアをしましょう。

スキンケアのポイント
  • 洗いすぎない

肌のベタベタをなくそうと洗いすぎてはいませんか?
洗浄力の強い洗顔料を使ったり、ゴシゴシ洗うと油分が取れすぎてしまい、かえってたくさんの皮脂を分泌させるように脳が命令を出します。そうなると余計に肌の油分が増えてしまいます。
洗いすぎは絶対にNGです。

  • 夜は化粧水をたっぷり使う

朝は忙しくゆっくりとスキンケアをする時間はないものです。その分夜しっかりと保湿するようにして下さい。化粧水は肌を整える基本となるものなので、特にたっぷりと使いましょう。

  • 保湿パックを使う

肌を保湿する成分の入ったパックをするようにしましょう。
セラミドやヒアルロン酸、レシチンなどの保湿成分が配合されているものがおススメです。

化粧くずれしない下地の塗り方

スキンケアと同じく大切なのが「下地の塗り方」です。
ベタベタするからと化粧下地を使わないのはかえって肌をべたつかせ化粧くずれを起こしてしまいます。化粧を長持ちさせるためにも化粧下地は使いましょう。

下地の塗り方のポイント
  • 崩れやすいパーツはしっかりと塗る

化粧くずれが起きやすい口元や目元、Tゾーンは下地をしっかりと塗ります。顔の中央から外側に向かって塗るとファンデーションのノリもよくなります。
下地にも肌の補正機能があるので、しっかり塗ることでファンデーションを厚塗りしなくても済みます。
ファンデーションの油分がドロドロにならないように化粧下地はしっかりと、ファンデーションは薄めに塗るのがポイントです。

  • 毛穴に叩き込む

毛穴にしっかりと下地を叩き込むことで、肌に下地が密着し化粧くずれを防ぎます。小鼻や口元・目元は指先でトントンと叩き込みましょう。塗り終わったらティッシュやスポンジで軽くおさえると化粧下地がより肌に密着します。

  • 最後はハンドプレス

化粧下地を塗り、ティッシュで余分な油分を取り除いたら最後は両手で顔全体をハンドプレスしましょう。掌で温めることによってさらに下地が肌に馴染み、化粧のノリも良くなります。最後はハンドプレスを忘れずに行いましょう。
時間が経つにつれ、化粧がどんどん崩れてくると、気分も同じくどんどん下がってしまうもの。しかし化粧くずれはスキンケアと下地の塗り方で防げます。

この2つを見直すことで夕方になっても綺麗なベースメイクでいることができます。気分よく一日を過ごすためにも、がんばりましょうね♪

著者情報

綺麗のトリセツ編集部です。皆様のお役に立てるよう美容や健康に関するハウツーやトピックスを投稿してまいります!

本記事は、2014年10月22日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。