綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,863 記事

マイナス10歳肌も夢じゃない!顔のしわの消し方

2014年8月20日更新 | 7,228 views | お気に入り 98

笑った時にできる目尻のしわ、年齢を重ねていくと深くなるほうれい線。どれも代表的なエイジングサインです。これらのエイジングサインを解消することで見た目の印象がグッと若くなります。そこで今回は、マイナス10歳肌を目指して顔のしわを消す方法をご紹介します。

しわの原因

顔のしわを消す近道は、顔のしわができる原因を知ること。

顔のしわはなぜできるのか、それは年齢とともに肌のクッションとも言える肌内部のコラーゲンが減少し肌のハリ・弾力が失われるからです。つまり、顔のしわを消すには肌内部のコラーゲン量を増やし、ハリ・弾力をアップさせる必要があるのです。

しわのできやすい場所

顔のしわができる大きな原因を知ったところで、今度はしわのできやすい場所をチェックしていきましょう。

自然光の下で鏡をよく近づけてチェックするとわかると思うのですが、しわができやすい場所は、目元、口元、眉間。共通して言えることはよく動かす部分です。その人の表情によってしわの深さやできる部位は微妙に異なりますが、この3つの部分のしわにお悩みの方が多いでしょう。

それでは、顔のしわを消すにはどうしたらいいのでしょうか。スキンケアとインナービューティに分けてご紹介していきます。

スキンケアで顔のしわを消す方法

肌内部の図

しわの原因の箇所で解説しましたが、肌内部のコラーゲンを増やし、肌のハリ・弾力をアップさせることが顔のしわを解消する最大の方法です。ですから、スキンケアでも肌内部のコラーゲンを増やす効果のあるアイテムを投入する必要があります。そこでお勧めなのが、ビタミンC誘導体やレチノールが配合されたコスメ。

ビタミンC誘導体は体内のコラーゲンの合成に必要な成分であるだけでなく、美白効果、皮脂抑制効果の他、抗酸化作用も併せ持っており、エイジングケアのスペシャリストともいえる成分です。

一方レチノールも肌のターンオーバーを促し、コラーゲンを生成する作用があるため、しわを消すのに有効な成分です。ただし、レチノールは刺激が強い成分であるため肌の弱い方は注意が必要です。

この他、しわを消すためのスキンケアでは「保湿」も重要。保湿というと化粧水を連想する方が多いかもしれませんが、水分だけ与えても肌は潤いません。必ず油分もバランスよく取り入れることが大切です。

また、保湿効果のある代表的な成分セラミドが配合されたコスメを積極的に使用することもしわには効果的です。

内側からしわを消す方法

コスメだけでは顔のしわを消すことはできません。体の内側からコラーゲン量を増やし、肌のハリ・弾力をアップさせましょう。

体内のコラーゲン量を増やすためにぜひ摂取したいのが、良質なたんぱく質。その代表格ともいえるのがプロテインです。プロテインはビタミンCと同時に摂取することで体内のコラーゲンを生成する効果を高めてくれます。

また、肌を潤わせアンチエイジング効果が高いサプリということでプラセンタも顔のしわに効果を発揮します。プラセンタは胎盤のことを言いますが、コラーゲンを生成する効果の他、美白効果、ターンオーバー促進効果、血行促進効果、抗酸化作用など様々な美肌効果がある大変魅力的な成分です。

筆者自身これらのサプリを毎日摂取しているのですが、肌のハリ・弾力がアップし、ほうれい線が薄くなったという嬉しい効果を実感しています。

この他、顔のしわを消すためには老化の大敵、「活性酸素」を除去する必要があります。普段の食事の中で抗酸化作用の高い食品を積極的に摂取し、活性酸素を除去しましょう。

抗酸化作用の高い食品は下記の表にまとめました。参考にしてください。

顔のしわができるのにも長い期間を要していますが、消すにはさらに長い期間を要します。しかし、ご紹介した方法を毎日継続して行うことで薄いしわは比較的短い期間で解消できる可能性があります。大切なのはあきらめないということ。明日のキレイのためにぜひ継続して実践していただきたいと思います。

 

著者情報

アンチエイジングアドバイザー・@cosme公認ビューティスト

本記事は、2014年8月20日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。