綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,878 記事

髪の色で印象が変わる?自分に合ったヘアカラーの選び方

著者情報

AFT1級カラーリスト/センセーションカラーティチャー/骨格スタイル協会認定骨格スタイルアドバイザー

2014年10月24日更新 | 510,240 views | お気に入り 446

自分に合うヘアカラーを選ぶにはどうしたらいい?

髪色で印象は大きく変わる

「あか抜けない印象だった黒髪のアイドルが、髪色を明るくした途端にとても洗練された」というのはよくある話。髪色は、ヘアスタイルと共に、人の印象を決める重要な要素です。それなのに、「とかく種類が多くて、何を選べばいいのか迷ってしまう」という声もよく聞きます。そこで、似合うヘアカラーの選び方について詳しくご紹介していきたいと思います。

ヘアカラーは「明るさ(明度)」×「色味」で選ぶ

 ヘアカラーは「明るさ(明度)」と「色味(オレンジ系、ピンク系、レッド系など)」の両方が、自分に似合う色を選ぶのが原則です。このうち重要なのは「明るさ」です。

ヘアカラーの「明るさ」を決めるのはここ!

まずは、自分に似合う明るさを見つけましょう。

暗い色が似合うタイプか、明るい色が似合うタイプかは、「瞳・髪の色」と「顔立ちの印象」と「似合う色」から分かります。

【髪色の明るさと似合う人の特徴】

基本的に、似合う髪の明るさと、瞳・肌の色は連動します。
(黒髪については例外あり)。
また、青みの強い色が似合う肌は、暗めの髪色と相性が良く、黄みの強い色が似合う肌は、明るめの色が似合います。そして、はっきりした顔には暗めの色が、ソフトな顔には明るめの色が似合います。これら3つの指標を参考に選ぶと、違和感のない明るさが見つかります。

色味は「似合う色」か「なりたいイメージ」で選ぶ

①ヘカラーの色味の種類

似合う明るさが決まると、次は「色味」のセレクトです。
ヘアカラーの色味には、ピンク系ブラウン、レッド系ブラウン、バイオレット系ブラウン、オレンジ系ブラウン、イエロー系ブラウン(ベージュ)、アッシュブラウン、マットブラウン等があります。

②似合う色から選ぶ色味

似合う色味を決める指標は「お顔の印象」と「似合う色」です。

【髪の色味と似合う人の特徴】

お顔の印象がソフトな方(女性らしい顔立ち・パーツが丸い顔)には、フェミニンな色が、反対にシャープな方(マニッシュな顔立ち・パーツに直線が多い顔)方にはマニッシュな色が馴染みます。

また当然のことながら、洋服やメイクで似合う色は、ヘアカラーでも似合う色です。そのため、青み系の色がお得意な方は、青みを感じる色(ピンク、レッド、バイオレット、アッシュ)が、黄み系の色がお得意な方は、黄みを感じる色(ピンク、オレンジ、イエロー、マット)がお似合いになります。

③「なりたいイメージ」から選ぶ色味

色味は、明度よりも柔軟性が高いため、「なりたいイメージ」から選ぶ事も可能です。ただその場合は、似合う要素がある色味から選ぶ事です。そうすると、なりたいイメージを違和感なく演出する事ができます。

【ヘアカラーの色味と仕上がりのイメージ】

「似合う」や「なりたい」よりも大切な事

髪色を決める場合に、「似合う」や「なりたいイメージ」はとても重要ですが、そこよりも優先すべき事柄もあります。それが、お悩みがある場合や、社会的立ち位置などを考慮した色選びです。

①お肌や髪にお悩みがある場合の色選び

クマが目立つ/肌がクスム/皺が目立つお肌の場合

肌と髪にコントラストをつけない明度選びが重要です。クマや皺でお悩みの場合は、肌より少しだけ明るめを、クスミでお悩みの場合は少しだけ暗めか少しだけ明るめの色を選んで下さい。

顔色が青白い/赤ら顔

顔色が悪い場合は、赤、オレンジ、ピンクなど、血色をプラスする色味を、反対にお顔に赤みがでる場合は、アッシュ、マットなど、赤みを引く色をセレクトして下さい。(ただし、あまり色味が強すぎると逆に赤みを強調する場合もあるのでご注意下さい。)

②社会的立場を考慮した色選び

カラーリングは、もはや一般的ですが、それでも職場規定や職業的イメージから、明度を押さえる方がいい方もいらっしゃいます。反対に、明るい髪色で個性を出す方がいい職業の方もいらっしゃいます。それぞれの社会的立場を考慮して明度を選ぶ事も大切です。

③年代も意識する

髪色を明るくすると、軽やかな印象になりますが、明る過ぎる色は、40代以降の大人顔には馴染みません。ある程度、明るさを抑える方が上品な印象になるのでお勧めです。

最後に

髪はお顔を取り囲む額縁です。間違ったヘアカラーを選ぶと、お肌が綺麗に見えないばかりか、本来の魅力も引き出せません。反対に、正しく選んだヘアカラーは、あなたの印象を確実にアップしてくれます。ぜひ髪色を味方につけて、綺麗に磨きをかけて下さいね。

【おススメ関連記事】
執筆ガイド中井 美香さんのカラーについての記事はコチラ⇒

本記事は、2014年10月24日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。