綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,863 記事

出っ張りシミによく効く治療法

2014年8月21日更新 | 9,224 views | お気に入り 215

出っ張りシミ

出っ張りシミってご存知ですか?医学的には脂漏性角化症と言いますが、年寄りいぼとも呼ばれるように、年齢的にできやすく、表面に出っ張った形に変わってくるシミのことです。顔以外にも全身にできるということですから、このシミの特徴を詳しくしっておきましょう。

もしかしてこのシミは出っ張りシミかも?と思った方は、自分で治療できるのか?またはできないのか?また皮膚科での治療方法などを参考にしてみて下さいね。

出っ張りシミ(脂漏性角化症)とは?

良性の腫瘍のひとつで年齢と共にできるイボのような凹凸が特徴的です。最初は数ミリと小さく、徐々に大きくなったり数が増えます。色は皮膚の色から茶褐色なものまで存在し、全てが隆起しているわけではありません。簡単に説明すると皮膚の老化現象です。

出っ張りシミの原因

出っ張りシミの原因

遺伝による要素や紫外線など後天的な影響を受け、皮膚が老化することが原因だと考えられています。そのため顔によくできますが、全身ならどこでも発生します。確実に良性腫瘍だと判断するためには、皮膚の一部を採取し検査できます。

出っ張りシミの治療について

自分で治せるのか?

気になるのが自分で治すことができるのか?ということでしょう。調べてみた所、残念ながら自分で改善できたという人はいませんでした。肌の老化の一種のため紫外線を避けるなど予防はできるのかもしれませんが、大きくなったものは皮膚科での治療が大前提のようです。

皮膚科の治療について

皮膚科の治療

皮膚科では小さなものは液体窒素で焼ききり、しばらくするとポロッと取れます。大きなものはレーザーを利用します。病院によっては小さなものははさみでカットする所もあるようですが、治療の際にはどの場合も麻酔クリームが利用できるため痛みはあまり感じません。治療目的のため保険が適用され、数千円程度で利用できると考えておきましょう。また、次のような特徴も知っておくと便利です。

治療後はシミを防ぐため数ヶ月UVカットを行う
色素沈着を予防するためハイドロキノンを処方してもらうこともできる
保険が適用されるのは露出が多い部分のみ
1ヶ月で利用できる回数に制限あり

出っ張りシミは美白化粧品では治らない

美白化粧品をシミの箇所に塗ってもなかなか改善できず、盛り上がってきたら出っ張りシミの可能性があります。表面がザラザラしたり、凹凸が出てきたら早めに皮膚科を受診しましょう。早い段階なら簡単な処置で取れやすく、跡も残りにくくなります。また、美白化粧品は治療後の色素沈着を防ぐ意味でも使うことができます。

まとめ

脂漏性角化症は年齢的なもののため避けることは難しいのですが、若い頃から紫外線を予防したり、肌の代謝を高めるための栄養に気をつければできにくくすることは可能です。もし気になるシミを見かけたなら、一度皮膚科を受診し治療が必要か判断してもらうと良いでしょう。

著者情報

最近はもっぱらナチュラル思考です。自然が大好き!

本記事は、2014年8月21日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。